MENU

閉じる


トップ > くらし・手続き > 防災・安全・気象情報 > 防災 > アトサヌプリ(硫黄山)噴火警戒レベルの運用について

アトサヌプリ(硫黄山)噴火警戒レベルの運用について

平成28年3月23日午後2時から、アトサヌプリ(硫黄山)の噴火警戒レベルが運用開始となりました。
アトサヌプリは、警戒レベル「1」(活火山であることに留意)に指定されましたが、火山活動に特段の変化はなく静穏に経過し、かつ噴火の兆候は認められておりません。

≪噴火警戒レベル運用の目的と概要≫

アトサヌプリ火山は、阿寒国立公園に含まれ、西の屈斜路湖と東の摩周湖に挟まれた位置にあり、付近には 川湯温泉があるなど多くの観光客が訪れています。また、周辺には、観光道路やつつじケ原自然探勝路が整備されている他、硫黄山レストハウスが火口から約 200mと隣接しているとともに、東側をJR釧網線が縦走し、約1kmのところに川湯温泉駅があります。

過去数百年前に は、「熊落とし爆裂火口」を形成する水蒸気噴火が起きており、噴火する可能性があることを忘れないで下さい。火山の恵みを授受するためには、火山活動に対する「安心」、「安全」のための防災体制の構築が不可欠であり、住民や観光客、関係機関がとるべき防災対応を分かりやすく5段階(「1:活火山であること に留意」、「2:火口周辺規制」、「3:入山規制」、「4:避難準備」、「5:避難」)にレベル分けした「噴火警戒レベル」の運用は、より効率的な火山防災体制の構築と、住民及び観光客の「安心」「安全」の確保が期待できるものです。

細部は、広報てしかが3月号の「防災ワンポイントコーナー」 このリンクは別ウィンドウで開きます をご覧ください。

お問い合わせ先

総務課 防災情報係
〒088-3292 北海道川上郡弟子屈町中央2丁目3番1号
TEL:015-482-2912 FAX:015-482-2696

jyouhou@town.teshikaga.hokkaido.jp

▲このページの先頭へ