MENU

閉じる


トップ > くらし・手続き > 防災・安全・気象情報 > 屈斜路地区気象情報 > 気象データに関するご注意

気象データに関するご注意

気象観測システムについて

本気象情報システムは、弟子屈町が管理・運営するシステムで、気象データは弟子屈町に帰属します。
弟子屈町民及び関係機関以外の方が、気象データを閲覧以外の種々の目的で使用する場合は
下記の連絡先までご連絡下さい。
連絡先:弟子屈町役場 農林課農政係
TEL:015-482-2936(直通)

観測データについて

降水量

転倒枡方式で0.2ミリ毎に計測します。
観測データは、前1時間に降った雨の量を表します。
例えば、10時のデータは9時から10時までの合計雨量です.

気温・湿度

地表面から1.5mの高さで計測した値です。
計測時には、太陽光を遮蔽するとともに、
常時通風して周囲の気温と等しくするための工夫により観測しています。
観測データは瞬時値を表します。
例えば、10時のデータは10時00分の値です。

風向・風速

風向・風速は2秒間隔で計測しています。
平均風速は前10分間で計測した300個のデータの平均値です。
例えば、10時のデータは9時50分から10時までの10分間の平均値です。
風向も同様に前10分間の平均値です。
最大風速は前1時間に計測した値の最大値で、そのときの風向を最大時風向とします。

日射量

地表面に到達する太陽光のエネルギーを計測します。
観測データは、前1時間に降り注いだ日射エネルギーの積算値でMJ/平方メートルの単位で表します。

観測ポイントについて

データを表示しているのは、下記の1地点です。

  1. 屈斜路:屈斜路研修センター付近

観測ポイントの気象観測システムは以下の通りです。

農業用気象観測ロボット、ウェザーバケットによる実測データ

気象庁のアメダスとの相違について

弟子屈町の運営する気象観測システムは、農業関係者のための情報提供であるため、
以下の点で気象庁のアメダスとは異なります。
以下の点にご配慮の上ご利用ください。

気象センサー

本システムの気象センサーは気象庁検定品ではありませんが、
システム開発元の検定試験により農業利用として十分な精度を確保しておりますので、
どうぞご安心してご利用ください。

観測項目について

本システムは農業利用を目的としているため、アメダスに無い湿度と日射量を観測しています。
湿度は病害虫の発生や降霜の推定等に、また、日射量は光合成の推定などに利用しています。

風向風速の測定高度

本システムの測定高度は2mです。
アメダスは4~5mですので、アメダスの風速より小さな値となる傾向があります。

降水量の計測可能最低値

本システムは霧雨程度の雨量も観測できるように0.2ミリ毎で計測します。
アメダスは0.5ミリ毎の計測です.

日照時間データ

本システムの日照時間は、日射量の日合計値から気候学的に計算した日合計の推定値です。
そのため、1時間毎のデータはありません。
※なお冬季については観測機器への着雪等により実際の日照時間とは異なる場合があります。

▲このページの先頭へ