MENU

閉じる


トップ > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金

国民年金

国民年金の届け出が必要な場合

届け出が必要な場合 必要なもの 届け出期限




60歳未満で他の年金を脱退した時 印鑑、年金手帳 14日以内
住所・氏名が変わった時
死亡した時
保険料の免除を受けたい時※毎年申請が必要です。
(継続加入者は7月)
印鑑、申請理由
年金手帳
そのつど
60歳以降に任意に加入・脱退したい時 印鑑、年金手帳




60歳以降に年金を請求したい時 別途説明を要する そのつど
ケガや病気により障害年金を請求したい時
死亡した時
氏名・住所の変更があった時 印鑑 14日以内
年金の受け取る金融機関を変更したい時 そのつど

国民年金の加入対象者は

 (1)自営業や学生で、満20歳以上60歳未満の方(第1号被保険者)
 (2)厚生年金・共済年金の加入者(第2号被保険者)
 (3)厚生年金・共済年金の加入者の配偶者(第3号被保険者)
 (4)退職年金受給者や満60歳以上65歳未満で加入を希望する方(任意加入者)
  さらに70歳まで受給権を確保するための任意加入ができる特例もあります。
 ※上記の(1)・(3)に該当する方、(4)を希望する方は、届け出が必要です。

国民年金保険料

定額保険料は月額16,340円(平成30年度)で、付加保険料として月額400円上積みする方法もあります。
また、保険料を前納(年一括払いや半年一括払い)、もしくは口座引き落としすることによって、月払いより割り引きされる制度もあります。

国民年金保険料を納めるのが大変な時は

申請免除

所得の少ない時や病気・ケガ・失業などで保険料を納めることができない時は、保険料を免除する制度があります。
○免除申請の手続きは基本的に毎年必要です。
○免除が承認されると、次のような措置が受けられます。
 (1)免除期間は、老齢基礎年金や障害基礎年金、遺族基礎年金を受けるために
  必要な資格期間に算入されます。
 (2)免除期間分の保険料は、10年以内までさかのぼって納めることができます。
 (3)免除には、所得や扶養の状況によって全額免除と半額免除、4分の1免除、
  4分の3免除があります。

学生納付特例

学生の本人所得が一定以下の場合に、申請をして承認を受けると、在学期間中の保険料を後払いできる学生納付特例制度があります。
○学生納付特例申請の手続きは、毎年必要です。
○学生納付特例が承認されると、次のような措置が受けられます。
 (1)学生納付特例期間中の障害や死亡といった不慮の事態には、障害基礎年金や遺族
  基礎年金が保証されます。
 (2)学生納付特例期間は、老齢基礎年金の受給資格要件に算入されますが、年金額
  には反映されません。
 (3)学生納付特例期間分の保険料は、10年以内までさかのぼって納めることができます。

若年者納付猶予

これまで所得が一定額を上回る世帯主(親など)と同居している場合は、免除の対象となりませんでしたが、30歳未満の方で本人(配偶者含む)の所得が一定額以下の場合は、申請し承認されることで月々の保険料の納付が猶予されます。
○若年者納付猶予申請の手続きは、毎年必要です。
○若年者納付猶予が承認されると、次のような措置が受けられます。
 (1)若年者納付猶予期間中の障害や死亡といった不慮の事態には、障害基礎年金や
  遺族基礎年金が保証されます。
 (2)若年者納付猶予期間は、老齢基礎年金の受給資格要件に算入されますが、金額
  には反映されません。
 (3)若年者納付猶予期間分の保険料は、10年以内までさかのぼって納めることができます。

年金の相談窓口とお問い合わせ先など

釧路年金事務所

・国民年金課(国民年金の諸届出、納付相談など)
 TEL:0154-22-5810

・お客様相談室(年金給付に関する相談・請求・諸変更届出、年金記録問題対応の事実調査確認など)
 TEL:0154-61-6000
 TEL:0154-61-6001

詳しくは、日本年金機構ホームページをご覧ください。

北海道国民年金基金

・国民年金基金制度について
・国民年金基金のメリットについて
・国民年金基金の加入・掛金について など
 TEL:011-232-6771

詳しくは、北海道国民年金基金ホームページをご覧ください。

弟子屈町役場 健康こども課 保険年金係

本ページ下部「お問い合わせ先」の宛先に、ご相談・お問い合わせください。

お問い合わせ先

健康こども課 保険年金係
〒088-3292 北海道川上郡弟子屈町中央2丁目3番1号
TEL:015-482-2935 FAX:015-482-2696

▲このページの先頭へ