MENU

閉じる


トップ > 新着情報 > 屈斜路湖へニジマス稚魚放流

屈斜路湖へニジマス稚魚放流

おしらせ

屈斜路湖へニジマスの稚魚を放流しました。

弟子屈町では、遊漁振興の一環として、昭和43年から継続的に魚の放流を行っております。今年度は、11月10日に和琴半島にて、ニジマスの稚魚を放流しました。
体長:約13~20cm/体重:平均約44g/尾数:約10,000尾

冬の訪れとともに、遊漁シーズンも終了しますが、釣り過ぎて魚がいなくなることのないよう、キャッチ&リリースに心がけましょう。持ち帰る場合も、最小限の尾数にとどめましょう。

屈斜路湖遊漁のページ

▲このページの先頭へ