MENU

閉じる


トップ > 新着情報 > 弟子屈町地域防災計画を改定

弟子屈町地域防災計画を改定

おしらせ

弟子屈町地域防災計画を改定

平成27年3月24日(火)、弟子屈町公民館において、平成26年度弟子屈町防災会議を行い、

弟子屈町地域防災計画の一部を改定しました。

 

本改定は、災害対策基本法の一部改定に伴うものが主ですが、その他に、これまで別計画としていた

「水防法」「避難勧告等の判断・伝達マニュアル(土砂災害編)」「災害時要援護者避難支援プラン」を

本計画の別冊として一冊にまとめました。

 

災害発生時に備えて福祉避難所および指定緊急避難場所等を指定

1.「地域交流ホールてしかが」を福祉避難所に指定

老人ホーム倖和園は平成27年4月下旬までに移転しますが、町は、同施設に併設した「地域交流ホールてしかが」を、

大地震等の災害発生時に、一般の避難所では生活に支障を来たす高齢者や障害等をお持ちの要援護者の方が利用できる

福祉避難所として指定しました。

同施設には、ハンディキャップトイレを設置したり、簡易ベッドを備蓄する等、逐次必要な資器材を準備してまいります。

施設名

住所

電話番号

地域交流ホールてしかが

泉2丁目3番(摩周厚生病院隣)

482-2921(福祉こども課)

 

2.「指定避難所」および「指定緊急避難場所」を指定

 町は、長期的に滞在可能な施設27箇所を避難収容所として、学校・施設の駐車場等40箇所を一時避難場所として指定していましたが、

災害対策基本法の改定にあわせて、その27箇所の避難収容所を「指定避難所」と名称変更して再指定しました。

また、同様に、暴風雪や火山噴火等の緊急時に開設する「指定緊急避難場所」も指定することとなりました。この指定緊急避難場所は、

27箇所の指定避難所の中から、災害の種別に応じて15箇所を指定しています。

なお、「硫黄山レストハウス」は、1月21日に弟子屈町振興公社(株)と避難に関する防災協定を締結して指定緊急避難場所として指定しました。

指定避難所および指定緊急避難場所は、弟子屈町地域防災計画第11章の「資料12および資料13」に記載しております。

 

詳細はこちらの 「弟子屈町地域防災計画」のページをご参照ください。

お問い合わせ先

総務課 防災情報係
〒088-3292 北海道川上郡弟子屈町中央2丁目3番1号
TEL:015-482-2912 FAX:015-482-2696

▲このページの先頭へ