MENU

閉じる


トップ > 健康・福祉・子育て > 健康・福祉 > 各種医療費等の助成 > 弟子屈町特定不妊治療費助成事業

弟子屈町特定不妊治療費助成事業

いいね!ボタンが表示されます

赤ちゃんが欲しいのになかなか授からない、でも不妊治療は経済的負担が大きくてできない、とお悩みの方のために、町では平成28年4月から「特定不妊治療費助成事業」を開始しました。
 

対象

次のすべての要件に該当する方
(1)北海道特定不妊治療費助成事業の対象者で、かつ夫婦のどちらかの住民登録が1年以上弟子屈町にある方
 
(2)特定不妊治療または男性不妊治療の該当となる方においては、北海道から同様の助成の決定を受けた方または受ける見込みのある方
 
(3)治療開始時の妻の年齢が43歳未満
 

対象となる治療

(1)特定不妊治療・・・体外受精および顕微授精
 ※医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中断した場合でも助成の対象となります。
  (卵胞が発育しない等の理由により卵子採取以前に中止した場合を除く)
 ※夫婦以外の第三者からの精子、卵子または胚の提供による不妊治療や、
  代理母、借り腹によるものは対象となりません。
 
(2)男性不妊治療・・・精子を精巣または精巣上体から採取するための手術
 ※特定不妊治療費助成との同時申請が原則です。
 

助成額・回数

◎妻
 ①治療開始時に40歳未満の場合
  1回あたり15万円まで、通算6回
 ②治療開始時に40歳以上43歳未満の場合
  1回あたり15万円まで、通算3回
◎夫
 年齢制限なし、1回15万円まで、生涯1回のみ
 
※保険適用されている治療は対象になりません。
※北海道から受けた治療に対する助成の額を控除し、町からの助成額を算定します。
 

申請に必要な書類等

弟子屈町特定不妊治療等助成申請書PDFファイル(189KB)(役場窓口にもご用意しています)
②北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定通知書
③治療および調剤に係る領収証等
④印鑑
 

申請の期限

町への申請は治療が終了した年度内に行なってください。
ただし、申請者が必要な書類の準備に時間を要するなど、特別な事情により年度内に申請できない場合は、翌年度の5月末日まで申請が可能です。
 
 
詳しい内容や申請方法等については下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先

健康推進課 健康推進係
〒088-3292 北海道川上郡弟子屈町中央2丁目3番1号
TEL:015-482-2935 FAX:015-482-2696

▲このページの先頭へ