MENU

閉じる


トップ > 健康・福祉・子育て > 健康・福祉 > こども > 児童手当

児童手当

児童手当ては、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを社会全体で応援することを目的とした制度です。

支給対象者

中学校終了前(15歳到達後の最初の3月31日まで)の子どもを養育している方。
▽請求者が、子どもと別居している場合は、請求者の住所地で申請してください。
▽請求者が、父母以外の場合は、ご相談ください。
▽請求者が、公務員の場合は、勤務先からの支給になりますので、勤務先で申請して
ください。

支給額

児童の年齢 児童手当の額(一人当たり月額)
3歳未満 一律15,000円
3歳以上小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 一律10,000円

※児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給します。

支払時期

原則として、6月、10月、2月の10日(土・日・祝日の場合は直前の平日)にそれぞれの前月分までが支給されます。

支払期間

請求のあった月の翌月分から支給事由の消滅した日の属する月分まで支給されます。

各種手続き

◆認定請求(はじめに行う手続き)
 出生、転入、養育者変更等により新たに需給資格が生じた場合、児童手当てを需給
 するには、「認定請求書」の提出が必要です。
 ※事由が発生してから15日以内に申請をしてください。申請が遅れると不利益を被る
  場合があります。
 ◎認定請求に必要なもの 
  ▽請求者の健康保険証
  ▽請求者名義の預金通帳の写し
  ▽印鑑
  ▽子どもが町外居住の場合は、別居している子どもの属する世帯全員分の省略のない
   住民票

◆現況届(更新手続き)
 6月分以降の支給を受けるには、現況届を毎年6月に提出が必要です。
 ※提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。
 ◎現況届に必要なもの
  ▽届出者が被用者(会社員など)の場合は、健康保険被保険者証の写しなど。
  ▽その年の1月1日に住民登録のなかった方は、前住所地の長が発行する、所得証明証(前年分)

◆児童手当てを受給している方
 次に該当する場合には、手続きが必要になります。
  ▽他の市町村へ転出する場合(受給者のみ転出する場合も必要)
  ▽子どもの数が変わった場合(出生、死亡など)
  ▽児童を養育しなくなった場合
  ▽受給者が公務員になった場合。
  ▽振込先金融機関を変更したい場合。


お問い合わせ先

福祉こども課 児童福祉係
〒088-3292 北海道川上郡弟子屈町中央2丁目3番1号
TEL:015-482-2921 FAX:015-482-2696

▲このページの先頭へ