MENU

閉じる


トップ > 健康・福祉・子育て > 健康・福祉 > 予防接種 > 01news > 小児の予防接種について

小児の予防接種について

おしらせ

小児の定期予防接種について

ワクチン種類 時期 回数
B型肝炎ワクチン 生後1歳まで

※生後2か月~9か月での接種が理想です。
3回接種
 ・2回目は1回目より27日以上間隔をあける
 ・3回目は1回目より139日以上(20週以上)あける
ヒブワクチン 生後2か月~60か月(5歳)まで

※生後2~6か月での接種開始が理想です。
初回:3回
 ・27日以上の間隔をあける
追加:1回
 ・初回3回目の接種より7~13か月あける
小児肺炎球菌ワクチン 初回:3回
 ・27日以上の間隔をあける
追加:1回
 ・初回3回目の接種より60日以上あけ、1歳~1歳3か月の間に接種
4種混合ワクチン
(ジフテリア、百日せき、
破傷風、ポリオ)
生後3か月~90か月(7歳半)まで 1期初回:3回
 ・20日以上の間隔をあける
1期追加:1回
 ・1期初回3回目の接種より6か月以上あける
 (※標準的には12か月~18か月あけて接種)
BCGワクチン 生後1歳まで

※生後5か月~8か月での接種が理想です。
1回
麻しん・風しん混合(MR)ワクチン 第1期:1歳児
 (生後12か月~23か月)
第2期:5歳児
 (就学前1年間)
第1・2期:各1回

※第2期は6歳になる年度の初めにお渡しします。
水痘ワクチン 生後12か月(1歳)~36か月(3歳)まで 2回接種
 ・2回目は1回目より3ヶ月以上(標準的には6か月~12か月)あける
日本脳炎ワクチン 第1期:生後6か月~90か月(7歳半)まで
 (※標準的には3歳以上)
第2期:9歳以上13才未満

※生年月日により接種できる年齢が異なります(特例措置)詳しくはこちらをご覧ください。
第1期:3回
 ・6~28日の間隔をあけて2回接種
 ・3回目は2回目から6ヶ月以上(標準的には1年)あける
第2期:1回

※第1期は3歳児健診時に、第2期は12歳になる年度の初めにお渡しします。
2種混合ワクチン
(ジフテリア、破傷風)
11歳以上13才未満

※標準的には11歳から12歳に至るまで
※12歳になる年度の初めにお渡しします。
子宮頸がんワクチン
(ヒトパピローマウイルス)
12歳となる年度の初日から16歳となる年度の末日まで(小学校6年生~高校1年生)の女子

※標準的には13歳となる年度の初日から末日まで(中学校1年生)
3回接種
≪2価ワクチン≫
 ・1か月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2ヵ月半以上あけて3回目を接種
≪4価ワクチン≫
 ・1ヶ月以上の間隔をおいて2回接種した後、2回目の接種から3か月以上あけて3回目を接種

定期予防接種一覧はこちらPDFファイル(187KB)

※予診票を失くしたり、汚れて使えなくなってしまった場合は役場健康こども課健康推進係までお申し出ください。予診票を再交付いたします。(手続きの際に母子手帳をお持ちいただくとスムーズです)

※予診票のコピーは絶対にしないでください。

子宮頸がん予防ワクチン接種について

子宮頸がんの原因の一つとされるHPV(ヒトパピローマウイルス)感染を予防するためのワクチンです。
現在、中学1年生(13歳相当)~高校1年生(16歳相当)の方を対象に助成を行っております。
平成25年6月に厚生労働省から子宮頸がん予防ワクチンを積極的に勧めないという通達がありました。町もその通達に基づき積極的に推奨は行っていませんが、助成事業は継続しますので、お知らせします。
接種を希望される方は健康こども課健康推進係(482-2935)までお問い合わせください。

お問い合わせ先

健康こども課 健康推進係
〒088-3292 北海道川上郡弟子屈町中央2丁目3番1号
TEL:015-482-2935 FAX:015-482-2696

kenkou@town.teshikaga.hokkaido.jp

▲このページの先頭へ