MENU

閉じる


トップ > 移住情報 > 楽しく暮らす > 温泉情報

温泉情報

足湯の写真 町内には数種類の泉質の『温泉』があり、日帰り入浴又は自宅に温泉を引くスタイルにより身近に温泉を味わえます。特に『川湯温泉』では強酸性の硫黄泉が湧き、その良質の温泉は『北の草津』とも呼ばれる程です。
下記の温泉地以外にも町内には多種の温泉があり、近年、移住者が多く居住されている郊外地区にも温泉が湧いています。

主な温泉地

温泉地 泉質・効能 特徴 エリア
川湯温泉 強酸性を含む明ばん・緑ばん泉で療養泉として有名。特に飲泉は糖尿病に効果があります。 pH1.7~1.9の日本屈指の強酸性温泉で、その威力は五寸釘を1週間で溶かし消すほど。成分は総鉄イオンや硫酸イオンなどを多量に含む高濃度の名湯です。 川湯温泉地区
屈斜路・和琴・仁伏温泉 和琴温泉は主に単純泉で神経痛やリウマチ、腰痛などに効き、その他は塩化物泉、重曹泉などです。 屈斜路湖畔の周囲には無料の露天風呂がいくつか点在しており、湖のおおらかなロケーションを眺めながら、良質な温泉を味わえます。また、冬にはオオハクチョウ観察も可能です。 屈斜路湖畔沿い【道道52号線沿線】
摩周温泉 肌に優しく湯冷めしにくい無色透明の弱食塩泉で、神経痛やリウマチに効果があります。 摩周温泉はナトリウム塩化物泉でよく温まるのが特徴です。これは温泉に含まれる塩分が皮膚の表面に膜を作り、汗の蒸発を防ぐため湯冷めしずらいからです。 弟子屈市街地

▲このページの先頭へ