MENU

閉じる


トップ > 移住情報 > 気 候

気 候

弟子屈町は冷涼な気候で年間平均気温は約5℃。初雪は11月上旬、降雪量は50~100㎝と道内でも比較的少なく、冬期は太平洋側の天候に準じているため晴天の日が多いのが特色です。寒さについては厳しく、12月~3月までの平均気温はすべて氷点下です。夏場は初夏の開花時期、農耕期に降雨があるため、酪農業が主体となっています。

平均気温

2010年月別平均気温のグラフ 左のグラフは2012年の弟子屈町川湯地区の月別平均気温のグラフです。12月から3月にかけての冬季間の平均気温は氷点下以下となっています。更に日中の気温でも0℃に満たない日も少なくなく、北海道の中でもここ弟子屈町は寒さが厳しい地域と言われています。その反面、7月から8月にかけての夏季の平均気温は20℃に満たなく、東京や大阪などと比べますと、大変涼しく、また北海道には梅雨がないため、湿度も低いことから、大変過ごしやすく、本州方面では必需品のエアコンはなくても生活できます。

積雪量

2010年最深積雪のグラフ 右のグラフは2012年弟子屈町川湯地区と札幌市の最深積雪のグラフです。青色が川湯地区、赤色が札幌市の最深積雪です。11月から翌年3月の降雪時期は札幌市と川湯地区の積雪は大きな差はありませんが、札幌市よりも気温が低い分、乾雪であることが多く、雪が軽いため除雪の負担が少なくすみます。しかし、4月は積雪量が札幌市よりも多く、川湯地区では春にも関わらす70cmの積雪が残っています。こういった状況は、まれなことですが、どの月でもこのような豪雪になることもありますので、冬の対策は必要です。

▲このページの先頭へ