MENU

閉じる


トップ > 移住情報

移住情報

てしかが町で暮らしませんか?

いいね!ボタンが表示されます

移住相談ワンストップ窓口のご案内

「私たちが責任を持って、ご相談に対応させて戴きます」

担当者 渋田
  • まちづくり政策課政策調整係長 渋田 淳二(しぶた じゅんじ)

    こちらの写真は、川湯温泉にある足湯です。
    いつでも無料で楽しむことができます。
    川湯温泉は、酸性硫黄泉で非常に酸性の強い温泉です。
    五寸釘を浴槽に漬けておくと一週間で解けてしまうとか。
    川湯温泉のほか、屈斜路、和琴、仁伏、摩周、南弟子屈と、違う泉質の温泉が町内至る所にあります。
    自宅に温泉を引いている方もいらっしゃいます。
    休日は、ゆっくりのんびり温泉を楽しんでみてはどうでしょうか。
担当者画像2
  • まちづくり政策課政策調整係 鶴田 裕樹(つるた ひろき)

    弟子屈町は、10月に入り、最低気温が一桁の気温となる日が多くなりました。道内では初雪も観測されており、秋から冬へと駆け足で季節は進んでいます。

    さて、先日の10月9日(日)、10日(月・祝)に「北海道暮らしフェアin大阪・名古屋」に出展してきました。町職員2名、地域おこし協力隊員、移住アドバイザーが参加し、移住を考えるみなさんとお話しさせていただきました。僕自身は弟子屈で留守番でしたが、参加した職員からは、非常にたくさんの、しかも熱い相談が行われたと聞きました。移住へ向けてさらなるサポートを行わなければと思ったところです。
    ※写真は10月9日の大阪会場での相談の様子です。
    なお、11月12日(土)には、東京で就農を希望する方向けの、「新・農業人フェア」このリンクは別ウィンドウで開きますにJA摩周湖の担当者が参加しますので、ご希望される方は、ぜひご参加ください!
担当者画像3
  • まちづくり政策課政策調整係 小見山 早織(こみやま さおり)
    木々が日ごとに紅葉が進み、アウターも中綿入りのものが必要な時期になってきました。
    町の気候については「移住情報-気候」のページをご参考にしてください。

    町内各観光スポットで年中食べられる、定番人気のイモ団子ですが、地場産ではとれたてのいもが出回っているので、手づくりするのもおすすめです。
    マッシュしたいもにデンプン(片栗粉)を適当に混ぜて成型したら、揚げたり焼いたりするだけと、作り方もいたってシンプル。
    一般的な男爵イモ、メークイン以外にも、とうや、レッドムーン、インカのめざめなど、特徴の異なるいもが色々ありますので、味くらべの楽しみも広がります。

担当者画像3
  • まちづくり政策課政策調整係 西山 紗穂里(にしやま さほり)

    はじめまして!道と弟子屈町の人事交流により、6月からまちづくり政策課の一員となった西山紗穂里と申します。
    斜里町に産まれ、網走市の高校に通い、卒業後は前任地である根室市で過ごしましたので、道東から出たことがありません!
    こういった環境にあり、弟子屈町には何度か観光で訪れたことがあるものの、生活するのは初めてです。まだまだ知らないことがたくさんありますが、町外から来た自分だからこそ見えてくる弟子屈の魅力を存分に感じ、多方面へ発信できたらいいなと思っています★町民の皆様からも、弟子屈に関する色々なことを教えていただきたいです!
    よろしくお願いします!
地域おこし協力隊炭田写真
  • 『我ら地域おこし協力隊ーだから弟子屈だったんですー』

    平成27年の4月より、弟子屈町のさまざまな活動への支援として募集していました、弟子屈町地域おこし協力隊員がついに全員集合しました!
    町の地域活性のために活動するのはもちろん、弟子屈町への移住者として、これから移住を検討されるみなさんへの貴重なアドバイスをしてくれる存在になるはずです。移住相談の際に、隊員の意見を聞いてみたい方は、ぜひお声かけください!
    写真は昨年初めて完成した弟子屈町産ワイン「葡萄色の旦(えびいろのよあけ)」のお披露目会を10月に行った際に撮りました。まだまだ生産量は少ないですが、いつか一般販売できるまでもうしばらくお待ちください。
    左から
    髙木 浩史(たかき ひろふみ 埼玉県出身 弟子屈町産ブドウ・ブドウ酒等開発活動支援員)
    鈴木 禎洋(すずき さだひろ 愛知県出身 南弟子屈地域づくり活動支援員)
    小林 由紀子(こばやし ゆきこ 東京都出身 観光振興活動支援員)
    炭田 晃希(すみた こうき 茨城県出身 南弟子屈地域づくり活動支援員)

まちの概要

お気軽にこちらまでご相談ください

メールでのお問い合わせ先 kikaku@town.teshikaga.hokkaido.jp

お電話とFAXでのお問い合わせ先 【TEL】015-482-2913(まちづくり政策課直通)【FAX】015-482-2696

観光パンフレット・移住広報リーフレットのセットを送料無料でお送りいたします!

観光パンフレット・移住広報リーフレットのセットサンプル 上記相談先までご連絡いただければ、観光パンフレット・移住広報リーフレットのセットを送料無料にて送付させていただいておりますのでお気軽にお問合せください。
※パンフレットセットの内容については左に表示した写真と多少異なる場合がありますのでご了承ください。

お問い合わせ先

まちづくり政策課 政策調整係
〒088-3292 北海道川上郡弟子屈町中央2丁目3番1号
TEL:015-482-2913 FAX:015-482-2696

kikaku@town.teshikaga.hokkaido.jp

▲このページの先頭へ