MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成21年6月22日(月) 第2回定例会閉会

平成21年6月22日(月) 第2回定例会閉会

 6月定例会が17日に閉会しましたが、地域経済の厳しい現実の中で、一般質問も観光の在り方や福祉政策、教育に対する質問が主でした。観光客が年々減少していますが、観光協会やえこ町推進協議会を中心に、様々な取り組みをしながら積極的な活動を行っているところであります。私は、弟子屈町へお越しいただいたお客様に対して、ホテル、飲食業はもちろんのこと、町民あげておもてなしの心をもってお迎えすることが一番大切なことだと思っています。「町全体が美しい。人もやさしく親切である。」そんな旅先の思い出が出来るよう町民の総力で、心を込めたおもてなしをめざしたいと考えております。様々な困難に遭遇する中、ぐちを言っても、他人や世の中を批判しても、誰も助けてくれません。個々の努力と、協働の力で、乗り越えながら頑張る事が大事であると思っています。立派な観光資源を生かし、そこで携わるみんなでどう頑張れるか、行政ももっともっと努力をして行かなければならないと思っています。又、一般質問やいままで町民から要望があった事に対し、すぐ出来ることは早く仕上げる又、時間を要するものは、明確にどう解決をするかを報告することが必要であると思っています。職員の皆さんは、改めて検証して下さい。
 川湯硫黄山の白いそつつじが満開で、たいへんきれいです。素晴らしいです。皆さん是非お越し下さい。

町長日記

▲このページの先頭へ