MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成21年7月31日(金) 補給艦ましゅう釧路港に入港

平成21年7月31日(金) 補給艦ましゅう釧路港に入港

 昨日、釧路管内開発促進期成会中央要請参加を終え、東京から戻りました。35度の真夏の暑さはすごいものです。釧路空港に降りるとほっとすると同時に、何とも言えないふる里の地のありがたさが身にしみたところです。
 しかし、今年の北海道は異常気象で、日照不足の影響が心配です。一番草も、あと20%ほど収穫が出来てなく、秋小麦、ビート、馬鈴薯の生育も心配です。今後、晴れの日が続き、気温が上がることを心より祈っております。
 本日、臨時議会を招集しましたが、平成21年度交付金2.2億の補正予算を中心として開かれ、今まで積み残していた様々な事業や設備の修理や修繕をすることで決定していただきました。また、教育委員会委員として若い菅原誓之氏を任命することに、同意をいただいたところであります。今後、弟子屈町の子ども達のために、力を発揮していただきたいと思います。各議員におかれましても、ご苦労様でした。
 また、今日は、我が町の摩周湖の名称を由来とする補給艦ましゅうが、釧路港に入港しました。1年を通じてインド洋で活躍をされ帰ってきました。 お帰りなさい。8月2日には、隊員の皆さんが、本町を訪れ、弟子屈神社で祈願をする予定です。今後の更なる活躍を私たち町民も願いたいものです。

町長日記

▲このページの先頭へ