MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成23年2月7日(月) 志として思う。

平成23年2月7日(月) 志として思う。

 流氷もオホーツクに入り、少し寒さも強くなってきたような気がします。氷が来ると、北国も一段と肌に突き刺さるような寒さを感じるものです。屈斜路湖では、今年もおみ渡りが見られるかもしれません。楽しみです。
 さて、今年も中国など東南アジアから、春節(2月3日)に伴う大型連休を利用して、当町にもたくさんのお客様が来られていますがとてもありがたいことです。11年度は、国内客の持ち直しに加え、北海道人気の持続や海外経済の加速から、昨年を上回る観光客の入り込みが期待されるところであります。これで、ホテルや旅館も元気が出てくれればと思っています。道内では、各地で雪祭りが盛大に行われていますが、寒くて長い冬を楽しむ一大イベントとして、道民もお客様もみんなで楽しんでいただきたいと思います。

 「志」として思う。現在、私達は人生として目先の易きに流されていないだろうか、、、。目先の損得ではなく、50年、100年先の大計が今の時代大切です。これは、全ての事に言えるのではないでしょうか。

町長日記

▲このページの先頭へ