MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成23年3月15日(火) 被災地の皆さんに心からお見舞い申し上げます。

平成23年3月15日(火) 被災地の皆さんに心からお見舞い申し上げます。

11日午後発生の東日本大震災。本当に、我が町でもゆれが大きく、長く、何か変な予感がするほどでした。
その後、テレビで、東北沖での大地震であることが分かったとき、私の頭の中で、三陸沖の津波のことがよぎりました。
たいしたことがなければよいのにと祈る思いでもありました。

しかし、残念な事になり、被災された市町村や住民の皆さまに心よりお見舞い申上げますとともに、亡くなられた方々に哀悼の意を表します。

又、一日も早く、元の生活に戻れますよう祈っております。

そして、私たち町民みんなで応援をしたいと思います。


自然の猛威は、想像を絶するものであり、又、二次災害として福島県の原発異常が発覚しました。これは、何としてでも、食い止めなければなりません。

これ以上の災害を出してはなりません。

関係者の皆さま、国民の安全確保に全力での対応をお願い致します。

私達は、祈るだけでありますが、今、この大変なとき、国民みんなで力を合わせて頑張ることが被災された方々や亡くなられた方々に対する私達の気持ちであり、思いでもあります。

町長日記

▲このページの先頭へ