MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成23年5月16日(月) よりよい観光のまちをめざして

平成23年5月16日(月) よりよい観光のまちをめざして

 5月に入ってからも季節はずれの寒い日が続きましたが、待ちわびた桜もやっと1つ、2つと開花をしてきた当町であります。
 今週が花見をするのに一番いい時でもありそうですね。

 15日はてしかがえこまち推進協議会の平成23年度総会がありました。
 1年間、会員部会の皆さまにはたくさんの努力をいただき、心より感謝をいたします。
 ありがとうございました。
 部会においても、8つの部会でたくさんの事業を実施していただきました。
 1年を通してみるとこんなにも、よくこなしたものであると思います。すべてが今すぐ実にならなくても、2年、3年後には必ず花が開くことも多くあると思っております。
 今一番厳しいところですが、町民みんなで協力して汗を流してまいりましょう。
 又、アドバイザーの山田先生はじめ、北海道運輸局のみなさま、釧路総合振興局、そして各関係機関の皆さまには今年もよろしくお願いをいたす次第です。
 当町の磨けば光る観光資源をしっかりと活用してまいりたいと思います。

 先日、全世界で発売される旅行ガイド「ミシュラングリーンガイドジャポン」の第2版で摩周湖が三つ星、屈斜路湖・和琴半島が二つ星、川湯温泉・砂湯(眺望)・硫黄山が一つ星の評価を受けました。
 名誉な事であります。
 又、反面お客様より、より厳しい見方もされるものでもあると思います。
 関係者が一丸となって、よりより観光地作りに努力をしてゆかねばなりません。
 がんばりましょう!!

町長日記

▲このページの先頭へ