MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成23年7月25日(月) 夏本番

平成23年7月25日(月) 夏本番

 今月は何かと忙しく、東京へ4回、札幌へ2回、釧路へ5回と本当にあわただしく大変な月でした。
 道外では、やはり慣れない夏の暑さ、湿気が体にはきついものでした。
 道の動きや国の動きをつぶさに見て聞いて、「ああ、こうあるべきだ、又こうすれば・・・」と心の中で思いをめぐらす日々でもありました。
 「政治、経済はほんとうに大変だ」とつくづく感じるものでした。
 26日には今月最後の釧路開発期成会での中央要望活動です。
 管内の会員と又、たくさん汗を流してきます。

 先日、川湯で中国上海市の方々と会食の機会がありました。
 やはりペットボトルの1.8リットルの水を持参して来ていました。
 又、出てくる前に上海市の友人たちから「何で今、日本へ行くのか」と何度も言われたという話をしていました。
 このことをとらえても、震災から4ヶ月以上経った現在でも、外国の人たちがどう日本を見ているかが伺い知れました。
 北海道は安全なんだということを真剣に伝える必要が大きいと思います。早急に知事を中心にトップ外交、セールスへと力をいれるべきだと感じたところでした。

 道の駅がオープンして10日が過ぎました。1日1,500人くらいのお客様が立ち寄ってくれているようです。
 まずまずの評価を得て、私たちもほっとしています。
 でも、これからが本番です。この評価を落とさないよう、また来たいと思ってもらえるように、おもてなしの心を大切にして、皆でよりよい道の駅にしていきましょう。
 よろしくお願いします。

町長日記

▲このページの先頭へ