MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成23年10月11日(火) 自然には勝てず

平成23年10月11日(火) 自然には勝てず

 今朝、川湯の自宅を出て一路弟子屈へ。
 道路の両側の紅葉が一段と色を増して、光輝いていました。
 特にベニウルシ、イタヤ、モミジ、ななかまどなどの赤系と、遅れて色づきだした、かしわ、カバ類の黄色系が道路両サイドにキャンバスに描いたように広がっています。
 なんともいえない情景です。
 しかし、この美しい景色も、あと数日で終わりとなります。
 短い秋の絶景を、皆さまもぜひ楽しんでください。

 9日は、釧網本線利活用推進協議会の「摩周で会いましゅう」というイベントがJA摩周湖ホールで開催されました。
 釧路駅方面と、網走駅方面よりそれぞれ約100名が乗車し、摩周駅で降り、JA摩周湖ホールで合同でイベントを楽しむという企画です。 
 内容は10年前に釧網本線全通70周年を記念して緑駅に埋設されたタイムカプセルを開封するなど盛りだくさんでしたが、残念ながら、網走方面から来る列車が線路上の落葉のためスリップし、緑駅で止まってしまい、網走方面の方々が摩周駅まで到着することができないというアクシデントがあり、釧網本線沿線友好団体調印式や最後に皆で知床旅情を歌って別れるというプログラムを行うことができず残念でした。
ぜひぜひ、再度の企画で実現したいものです。

 この時期になると、秋の味覚が目白押しですが、そのうちの代表格がサケです。
 ふる里めざして釧路方面に帰って来るのですが、今年はまだ50パーセント位ということです。
 早く回復してほしいですね。
 サンマも偏りがあると聞きます。
 天候などが不安定なせいなのでしょうか、様々な自然の状況に影響を受けるのは、漁業も農業も同じですね。
 自然には勝てず。

町長日記

▲このページの先頭へ