MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成23年11月21日(月) 中学校新校舎落成記念式典が行われました

平成23年11月21日(月) 中学校新校舎落成記念式典が行われました

道内では除雪車が出動する時期となりました。
 当町では初雪は降りましたがまだ除雪まではいらず今は全て解けた状態ですが、寒さは日を追う毎に厳しくなってきているように思います。
 
 平成20年より進めてまいりました弟子屈中学校改築の落成記念式典が、昨日20日、新校舎体育館でとり行われました。
 大変立派で明るく、木のぬくもりを感じさせる建物であり、また太陽光発電を一部利用した照明や、給食センターの雪氷冷熱エネルギーを利用した冷房システムなどエコにも配慮した、現代に即したものです。
 そして、外構も含めて地域の防災拠点として整備し、災害時には避難場所としても活用できるものとなっております。
 落成記念式典には多くの町民の皆さまにも出席をいただき大変感謝をしております。
 式典では吹奏楽部の演奏、全生徒による合唱があり、どれも大変立派で感動的なもので、式を盛り上げておりました。
 その後、場所を摩周湖農協にかえて、弟子屈中学校新校舎落成記念事業協賛会主催の祝賀会が高橋正秀会長はじめ多くのみなさんのご尽力で開催され、寄付者への感謝状の贈呈等が行われました。
 その中で行われたスライドショーでは、初代校舎や歴代校長そして新校舎の写真などが流され、懐かしむ声や感嘆の声などがあがり、なごやかで楽しい祝賀会となりました。本当にありがとうございました。
 協賛会から中学校へはグランドピアノをはじめ多くの教育備品が贈られ、ご寄附をいただきました、町民のみなさま、同窓生のみなさま、関係各位には衷心より厚く感謝をするものであります。
 今後ともより一層のお力添えをお願い申し上げます。

町長日記

▲このページの先頭へ