MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成24年4月17日(火) 春が来た

平成24年4月17日(火) 春が来た

 やっと暖かい日が続いて、雪がとけた山野に福寿草の黄色い可憐な花も咲き出しました。待ち遠しかった春が、1日1日ゆっくりやってきています。
 雪解けは例年に比べ、10日ぐらい遅れており、畑作の蒔きつけが心配です。又、大型連休も今年の天気や人の動きはどうなのか、少し心配です。

 さて、先週、4月20日に発売される「ミシュランガイド北海道2012」に掲載される店舗が発表されました。町内では、星がついた店舗はありませんでしたが、同書の調査員が「おすすめ」する店舗にホテルが1軒、飲食店が2軒掲載されました。掲載された3軒には、日頃の努力が高い評価を受けた事に心より敬意を表します。
 今は町全体で弟子屈町にいらした方たちにより良いおもてなしをしようと多くのことに取り組んでいるときであります。私たちも事業者の方も皆で「お客様が満足」、「お客様にまた弟子屈町に来たいと言ってもらう」を目標にさらなる努力をかさねて行きましょう。
 
 今、各自治会、老人クラブの総会シーズンです。老人クラブは、今年は各クラブ共に会員が増えています。60歳代の方々を中心に新しく活動を再開するクラブも出ています。若い世代が新しく加入してお手伝いをして、皆で旅行をしたり、奉仕活動をしたり、スポーツをしたりと協力しあいながら楽しい活動をしています。大震災以来、人と人との「絆」が見直されています。私たちが忘れかけていたことが、今一度見直されようとしているように思います。

町長日記

▲このページの先頭へ