MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成24年5月28日(月) 春の味覚

平成24年5月28日(月) 春の味覚

 満開の桜も葉桜になってきました。
 いつもの年より寒い日が続いていますが、春の味覚、山菜は多少例年より遅れながらも芽を出し、私達を楽しませてくれています。行者ニンニク、クレソン、コゴミ、フキ・・・旬の味を堪能し、喜びにひたっております。これからは畑のアスパラ。これまたおいしく、この後、山ウド、ワラビ、ゼンマイと続きます。シイタケの春物もいただきました。肉厚でおいしく、香りも強い。すべての山菜が味も香りも強く大自然のパワーを感じます。私にとっては自然の恵みを食で感じられる春が一番です。

 先週末の土曜、日曜2日間にわたり、摩周観光文化センターで第46回道東支部フォークダンス弟子屈大会・第2回道東支部日本民謡弟子屈大会が開催されました。参加者は約400人にもなる大規模な大会でした。参加者は年配の方が多く見られましたが、みなさん全員が顔につやがあり、若々しい人達ばかりでした。100曲もの曲や歌に合わせて世界各地の踊りを見事に踊っていられるのを見ると、やはり趣味を持って、体を動かしたり歌を歌ったりすることは、若さを保つ秘訣のひとつなのだと感じました。夜は懇親会が川湯のホテルで盛大に開催されました。たくさんの方々に当町に宿泊していただき、本当にありがとうございました。これからも皆様方がお元気で活動され、又この大会に参加し、当町にいらしてくださるのを心よりお待ちしております。

 今、当町では、農作物の蒔きつけの真っ盛りです。しっかり種子や苗を植えて、手入れを怠らず大切に育て、そして秋には大豊作になることを期待しています。
 今の世の中は種子をまいても、それを大切に手入れをして、大きく育てるということを忘れていることが多々あるように思います。どんなことでも手間をかけ、努力を惜しまず、工夫をして大きな実に育てることが大切だと思っています。

 昨日、摩周道の駅で屈斜路産のアスパラとミニトマトを買ってきて食しました。本当に甘いトマトであり、みずみずしいアスパラでした。作った人の努力に感謝です。

町長日記

▲このページの先頭へ