MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成24年7月23日(月) 姉妹都市交流物産展開催!

平成24年7月23日(月) 姉妹都市交流物産展開催!

 7月13日から17日の5日間にわたり、姉妹都市であります鹿児島県日置市の皆さんが来町し、15日、16日の両日、道の駅「摩周温泉」リニューアル1周年記念姉妹都市交流物産展が開催されました。日置市からは宮路市長をはじめ、日置市市議会の長野副議長と5名の政務調査の議員の方々、特産品販売に8名の皆さんが来町され、皆さまには心よりのご歓迎と、日頃の我が町に対するご厚情に感謝を申し上げたところです。
 今年は、例年になくとにかく寒く、夜は上着が一枚いるような有様でしたが、物産展の当日は天候に恵まれました。ご来町し、イベントに参加して頂いた日置市の出荷者協議会の池田会長はじめ、販売担当の皆様方には大変すばらしい物産を日置市よりお持ちいただき、連日の大盛況に、町民の皆さまはもとより、観光にいらしたお客様にも大変満足いただけた事と思います。
 今後も両町の関係を良い流れで続けて行きたいと思っております。日置市の皆さま本当にありがとうございました。

 さて、7月は釧路地方開発期成会の要請の時を迎えています。18日の釧路市での地元要望を皮切りに、26日、27日は札幌及び東京での中央要請です。
 何としてでもこの地域の懸案事項を早期に実現させたいものです。特に様々な産業発展、向上のために、地元代議士の皆さまはじめ関係する官庁の皆さまにご理解いただき、そして当地方の現状を見てほしいものです。
 広大な大自然と日本一の食。これを生かした町づくりをより強力に行っていきたいものです。

町長日記

▲このページの先頭へ