MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成24年7月23日(月)その2 続・釧根の酪農の今後

平成24年7月23日(月)その2 続・釧根の酪農の今後

 平成23年から24年の1年間に釧路管内における酪農家の離農が40戸だったそうです。
 大小合わせて40戸・・・大変重い数字です。
 理由としては、TPPをはじめ様々な要素があると思われますが、基本的には酪農は若い担い手達にとって魅力のない産業であると思われていることだと思います。このことを総合的に解決していかなければ、経営の良し悪しに関わらず酪農家は減少を続けるのではないでしょうか。
 1つの集落に、1戸の農家しか残らないようなやり方では、最後にその1戸もなくなる事になりかねません。
 まだまだ間に合います。
 中堅農家が多く残り、そして新規に酪農を始める人が出てくるようなシステムを作りたいですね。
 
 本日はこのへんで・・・。

町長日記

▲このページの先頭へ