MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成24年9月3日(月) 残暑お見舞い申し上げます

平成24年9月3日(月) 残暑お見舞い申し上げます

 まだまだ例年になく残暑の厳しい弟子屈ですが、やはり夜はめっきり涼しくなり、過ごしやすくなりました。もう9月です。すばらしい紅葉が見られるのも、もうすぐです。
 当町の特産であります、とうきび、そば、小麦も当初は遅れが心配されましたが、ここに来て、太陽の恵みをいっぱい受けて、まずまずの出来となりそうです。デントコーン、ビート、馬鈴薯、牧草も大変良いと思います。人間にとっては暑いのは大変ですが、反面、農作物には、自然の恵みはありがたいものですね。

 来週からは、議員の皆さまと共に任期中最後の町議会定例会となります。
決算認定と併せて5日間の日程です。
 いつも感じますが、本当にあっという間の4年間でありました。
 すべての皆さまの協力に心より感謝申し上げます。

 9月に入って、1日2日と鹿児島県日置市で姉妹都市特産品交流事業を行ってまいりました。
 江口蓬莱館とこけけ特産品販売所で当町の特産品を販売してまいりましたが、とにかく暑い中、2日間とも、とうもろこし、メロンはじめ多くの物産が売切れとなりました。
 マスコミなどの宣伝も行き届いており、本当にたくさんの皆さまにお越しいただき、盛況のうちに終えることができました。日置市の市民の皆さま、関係者の皆さまには心より感謝を申し上げます。
 この事業を機に尚一層お互いの交流が深まることを期待しております。
 2,000km離れた北と南の町の心の距離は縮まった気がしましたが、気候はやはり、かなり違うことを感じた暑い暑い2日間でした。

町長日記

▲このページの先頭へ