MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 平成25年5月14日 「釧路北部消防事務組合 創設40周年となりました」

平成25年5月14日 「釧路北部消防事務組合 創設40周年となりました」

 今年は5月の連休を含めて大変気になる天候となっています。5月10日夜も私の住む川湯では5cm程度の積雪があり、自分の経験においても初めてのことであります。例年であれば畑作農家の皆さんも馬鈴薯又は甜菜の播きつけ作業を行っている時期でありますが、本年はまだ出来ない状況となっており、一日も早く太陽さんの顔を見たいものです。
 こうした天候のあおりを受け、連休中のお客様の入り込みも前年より落ち込んであり、これから夏場に向けて天候とともに回復を願うばかりです。

 今月の12日には摩周観光文化センターにおきまして、釧路北部消防事務組合の組合創設40周年記念式典が行われました。昭和48年に弟子屈町と標茶町の2町で創設されたことが始まりです。その後、平成17年には鶴居村が加わり、現在2町1村で構成し北部消防事務組合としてまとまった中で、活発に地域防災に力を注いでおり、歴代の関係者の皆様に心より敬意と感謝を申し上げます。
一昨年の3.11にあったような大災害や大雨・大雪のような災害、また、火山噴火や想定できない災害に今後においても対処して行かなければなりません。北部消防として2町1村がしっかりとスクラムを組んで、全てが我がマチとして考えて地域住民の皆様の負託に応えて行きたいと思うものです。
関係者の皆様に感謝を申し上げます。

北部消防40周年記念式典

釧路北部消防事務組合40周年記念式典

北部消防40周年記念式典

観 閲 式

町長日記

▲このページの先頭へ