MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 町民の皆さまへ ~弟子屈町長 德永 哲雄

町民の皆さまへ ~弟子屈町長 德永 哲雄

 今冬の弟子屈町は、昨年12月の3日間の暴風雪に始まり、3月6日時点までに合計8回に渡る大雪・暴風雪に見舞われております。当町において一シーズンにこれほどの暴風雪の経験は過去に例がなく、想定を超える降雪量により除雪や排雪作業が進まず、車道の確保など、町民の皆さまからのご要望に十分にお応えすることができず、ご不便を強いていることに対し誠に申し訳なく、心からお詫び申し上げます。町民の皆さまにおかれましても、度重なる除雪作業や経済活動への被害など、日常生活に大きな影響が出ているものと存じ上げ、たいへん憂慮しているところでございます。町内では、農業用ハウスの倒壊・牛舎の破損、店舗や事務所の損壊などの建物の被害だけでなく、道路の通行止めによる宿泊客のキャンセルや観光ツアーの中止による観光被害、ウィンターフェスタやダイヤモンドダストinKAWAYUなどのイベントの中止、臨時休校等、各方面で様々な被害が相次いでおります。
 町といたしましても、まだまだ至らないとは存じますが、国や道など関係機関や自治会・医療機関・福祉関係団体・経済団体などと連携しながら、町民の皆さまが一日も早く安心して生活ができるよう、精いっぱい努力しているところでございます。また、除雪に関しましては、委託業者の皆さまには連日早朝から夜間まで昼夜を問わず除雪作業にご尽力いただいており、心より感謝申し上げるところでございます。
暦の上では春が近づいてきてはおりますが、これからも暴風雪に見舞われる可能性があり、油断ができない状況にあります。気温が上がり、雪崩、屋根からの落雪、水害等が発生する恐れもありますので、十分にご注意いただければと存じます。
 町民の皆さまにおかれましては、心身ともにお疲れのこととお察しいたしますが、町民8千人、互いに力を合わせて、この苦難を乗り越え、皆さんで無事に春を迎えましょう。

平成27年3月9日

弟子屈町長 德永 哲雄

町長日記

▲このページの先頭へ