MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 葡萄色の週末(えびいろウィークエンド)が始まります

葡萄色の週末(えびいろウィークエンド)が始まります

いいね!ボタンが表示されます

 先週から2回、本町から札幌に行き、そのまま東京に行くという日程をこなしました。会議や要望活動などで1年間に何度も札幌や東京に出張しますが、札幌で会議をして新千歳空港から東京へ出ることは年に何度もありません。日程が重なり、やむを得ない状況で体力的にも厳しいのですが、たまに行く新千歳空港内で弟子屈町ゆかりの企業が頑張っている姿を見るとうれしく思います。

この出張では、10月1日(土)の東京ふるさと会に八幡議長など町内各団体の皆さんと一緒に参加してきました。約40名の参加があり、1年ぶりに会う在京の皆さんに本町の現況を報告し、懇親を深めてきました。

10月4日(火)には釧路と札幌で津別峠の早期開通について北海道森林管理局と北海道庁などに津別町の佐藤多一町長と要望してきました。8月の台風で、国有林部分が土砂崩れして、道道屈斜路津別線が通行止めとなっています。雲海ツアーなどで津別峠の人気が高まっていますので、関係機関には、一日も早い復旧をお願いするものです。

さて、本日からは、弟子屈産のワインを町内で飲める「葡萄色の週末(えびいろウィークエンド)」が始まります。まだまだ生産量が少なく一般販売ができないため、昨年のお披露目会に続く2回目の飲める機会となるイベントですが、ワインに合せて弟子屈産の農作物を使った料理を6店が提供してくれます。多くの町民、観光客に味わっていただき、ぜひ感想をお寄せいただければと思います。

また12日と13日には、全国道の駅大会が本町で開催されます。全国各地から道の駅関係者など多くの方が本町に訪れます。ぜひ、弟子屈や道東の秋を楽しんでいただければと思い、私たちもおもてなしに努めます。



(町長日記は、しばらくの間お休みします)

町長日記

▲このページの先頭へ