MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 春は希望のとき(3月中旬の諸々の話題)

春は希望のとき(3月中旬の諸々の話題)

いいね!ボタンが表示されます

 1 道東道がさらに延伸!

北海道横断自動車道(道東道)の阿寒と庶路インターチェンジが3月12日(土)に開通し、私も同日開催された開通式に参加してきました。これで道東道が釧路市まで延伸したことになります。

道央と釧路が高速道路でつながって4時間台で札幌まで行ける(札幌から来る)ようになり、昔から考えると随分短い時間で楽に移動できます。我が弟子屈町も5時間台で札幌と往来できます。

道東道を使って弟子屈町にもぜひ多くの観光客が来ていただき、「道東道延伸は弟子屈の為だったね」と言われるほどの活用を期待しています。多くの関係者に心より感謝申し上げます。


2 地域おこし協力隊活動報告会

今年度から来ている4名の地域おこし協力隊の皆さんの活動報告が行われました。1つは3月6日の「てしかが女性のつどい」の講演で、もう一つは、単独で開催した3月14日の「地域おこし協力隊活動報告会」です。私は両方ともお話を聞き、あらためて4名の皆さんを大変頼もしく感じました。若い人の持つ「気」という「感性」を感じました。

3月14日の報告会では、各隊員から今年の活動報告及び各分野への期待や提言が示され、さらに将来を見据えた自己研鑽の活動も披露されました。4名の活動を応援して行くとともに、行政活動に活かしていきます。

ひとつの道(目標)に向かう姿は大変力強いと思います。



3 3月町議会

町の最高決議の場、3月定例町議会が11日(金)に無事終了いたしました。議員の皆様に心よりお礼を申し上げます。

平成28年度予算も議決され4月から新年度がスタートします。各議員からいただいた様々な意見課題については、一年を通して検討と実行をしてまいります。

弟子屈町には、多くの宝物があり、努力によって大きく伸びる可能性を持っています。種子をまいてコツコツ育てていきましょう。

町長日記

▲このページの先頭へ