MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 夏型の事故に注意

夏型の事故に注意

 今年の7月上旬は30度超えの真夏日が続き、今日の道内の予想最高気温は37度です。本州や沖縄を凌ぐ北海道らしくない暑さです。昨年は、冷夏で日照不足が続いたため夏の遊びやバイクツーリングの機会も少なかったのでしょうか、今年は昨年よりもバイクを多く見かけるような気がします。

6月から7月にかけて町内でバイクの死亡交通事故が2件起こりました。この事故原因は不明ですが、開放的な景色と広い道路、暑い気温でスピードを上げたい衝動に駆られるのかもしれません。いずれも町外在住の方が長い直線と峠の急なカーブで亡くなっています。たいへん痛ましいことで、心からお悔やみを申し上げます。

7月11日から20日まで夏の交通安全運動を実施中で、7月11日には町内の多くの団体が参加していただき「旗の波運動」を実施しました。交通事故は亡くなった人はもちろんのこと、その家族や相手側にも多大な苦痛を強いることになります。四輪も含めたすべてのドライバーが事故に巻き込まれないように慎重な運転をお願いします。スピードだけでなく、寝苦しい暑い夏の夜更かしで寝不足のまま運転することもあるかもしれません。居眠り運転にも注意し、こまめに休憩をとるようにしてください。

また、暑い夏は水辺で遊ぶ機会も多くなります。川や湖に入って急に深みにはまることもあります。水の事故にも十分注意をしてください。

この例年にない暑い夏。楽しく過ごすためにも夏型のさまざまな事故に注意してください。

町長日記

▲このページの先頭へ