MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 大鵬に負けない活躍を

大鵬に負けない活躍を

いいね!ボタンが表示されます

 平成30年新春、皆様健やかにお過ごしのことと存じます。本町は、例年よりも少ない積雪の中で大きな天候の崩れもなく、穏やかな新年を迎えました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨年からお話を聞いておりましたが、本町出身の昭和の大横綱大鵬(故納谷幸喜氏)のお孫さんである納谷幸之介君が、1月初場所の新弟子検査を受け、初土俵を踏むという情報が本日の新聞に大きく取り上げられております。

納谷君は埼玉栄高校相撲部3年で、国体の少年個人の部を制するなどの活躍を経て、大鵬部屋の流れをくむ大嶽部屋に入門され、そしていよいよ大相撲にデビューすることになりました。体格は、すでに大鵬の全盛期をしのぐほどの大きさだと聞いており、将来を嘱望される逸材です。大鵬のお孫さんということで、高校での活躍など私も注目をしてきました。早くテレビで取り組みが見られる関取になっていただきたいと今からワクワクしています。

初場所開催中の1月19日は、納谷幸喜氏の命日であります。平成25年に亡くなってから5年の歳月が過ぎました。大相撲はここ最近様々なニュースで注目されていますが、幸之介君の活躍が大相撲の明るい話題となり、彼が祖父の大鵬に負けない活躍をしていくことを祈っています。

町長日記

▲このページの先頭へ