MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 3月議会

3月議会

3月になりました。日中の気温がプラスになって、暖かいと感じるようになりました。雪解けが徐々に進んでいます。

3月5日から定例町議会が始まります。施設の廃止などの条例、平成30年度補正予算と平成31年度当初予算など議案27件、報告1件、一般質問は3名から5問の予定です。平成31年度の一般会計予算は、本町の資源である摩周湖などの自然資源や地熱・温泉の活用、中心市街地の再構築、子育て環境の充実、広報活動の強化など将来にわたり持続可能なまちづくりの推進を意識して予算編成をして前年度比で200万円減の78億3千5百万円で提案します。

昨年3月9日の議会開会中に季節外れの大雨が降って、積雪の上を大量の水が走り、弟子屈市街地などで床上浸水の被害が出ました。議会を休会にして対応しました。私にとってもはじめての経験で今でも忘れられない思い出です。昨年は9月にも胆振東部地震で長期の停電になり、この時は9月議会が終わった翌日の朝でした。本年度の当初予算では、防災対策として非常用発電機の整備や備蓄品の購入などを計上しています。

議会では、議員の皆さまと本町の今と未来に向けての活発な議論を行い、よりよいまちづくりに向かって一緒に取り組んでいきたいと思います。 

町長日記

▲このページの先頭へ