MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 第1回目の町民会議お疲れ様でした

第1回目の町民会議お疲れ様でした

いいね!ボタンが表示されます

先日、中心市街地再構築全体構想町民会議を開きました。
28人の委員の皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました。
当町民会議には私や副町長、教育長はもちろん、町議会、自治会をはじめとする町内関係各団体の代表者、そして、公募にご応募いただいたお二人など、さまざまな町民の皆さんに関わっていただけることとなりました。ありがとうございます。
そして、若手を中心に役員となられたお二方、どうぞよろしくお願いいたします。
この取り組みはその名のとおり、中心市街地をどう再生していくのか、弟子屈の街をどうしていくのかを考え、実現していくための取組みです。
会議では、当町の政策アドバイザーのである佐藤大行さん((株)RERA WORKS 代表)から、「ハードとソフトの融合が街をステキにする」といったお話がありました。
ディズニーランド飲食関連の責任者としてのさまざまな経験に基づきお話をされていました。まさに、ハコ物ありきではなく、機能ありきという考え方で、まったくそのとおりだと思っていますし、私もこうした考え方で取り組んでいきたいと考えています。
町内では今さまざまなプロジェクトが進んでいます。
なんとか町民が一丸となって、それぞれの実現へ向けて取組を進めていきたいと思っています。
今回のこの取り組みは始まったばかりです。
まずは構想案を策定し、その後はさらに内容を精査し、実現に向けて取り組まなければなりません。本当に息の長い取り組みになると思っていますが、しっかり取り組むことで、次世代への負担にならないよう繋げていきたいと思っています。 

町長日記

▲このページの先頭へ