MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 文化奨励賞受賞おめでとうございます!

文化奨励賞受賞おめでとうございます!

平成25年10月28日

 10月28日「第64回弟子屈町総合文化祭芸能発表会」が釧路圏摩周観光文化センターを会場に行われましたが、その開会前段で平成25年度弟子屈町文化奨励賞贈呈式が、多くの関係者が見守る中行われました。この文化奨励賞は本町の文化振興及び発展に貢献し、将来が嘱望され、奨励に値する個人及び団体に贈られるもので、本年度は9月18日に開催された「弟子屈町文化賞審議会」の諮問を受け、9月25日開催の「第9回定例弟子屈町教育委員会」で受賞者が決定され、この日の贈呈式を迎えたものです。
 贈呈式には弟子屈町教育委員会委員をはじめ、弟子屈町文化賞審議会委員の皆さん、弟子屈町文化協会や受賞された所属団体の皆さん、更には芸能発表会に出演者する皆さん等大勢の方々が参列される中、厳かに行われました。
 小澤教育委員会委員長の挨拶の後、小澤委員長から吉口教子さんと弟子屈町摩周湖民踊会を代表して加藤ノブ子さんに文化奨励賞の贈呈が行われました。そして受賞者を代表して、吉口教子さんが謝辞を述べられました。
 受賞された方々の「実績の概要」(「受賞式しおり」掲載文引用)を紹介しますと、吉口教子氏は「30年以上の長きにわたり、しらかば合唱会の指揮・歌唱指導に情熱を持ってかかわり、また音楽の楽しさや幅広さについて実践を通して多くの人々に伝えるととに、更なる音楽レベルの向上に努めている。今後のより一層の活躍を期待し、町条例に基づき文化奨励賞を贈呈するに相応しい人物である。」。また、弟子屈町摩周湖民踊会については「弟子屈音頭の普及を目的に発足し13年目を迎える。現在も会員相互が協力と研鑽を重ねており、一連の活動の中において地域文化の発展・向上に寄与された功績は多大なものである。よって今度益々の発展を期待し、町条例に基づき文化奨励賞を贈呈するに相応しい団体である。」としています。
 今後においても、ご健康に留意され、本町の文化振興と発展のために益々活躍されますことを心から期待しております。受賞おめでとうございます。

吉口 教子さん

弟子屈町摩周湖民謡会代表
加藤 ノブ子さん

教育長日記

▲このページの先頭へ