MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > マリンバ演奏を堪能!

マリンバ演奏を堪能!

(平成25年11月27日)

 11月19日弟子屈町社会老人福祉センターで「加藤訓子マリンバコンサート」が開催されました。「マリンバ」によるコンサートは本町では初めてのことだそうです。
ご存知のとおり「マリンバ」は木琴を大きくした楽器で、木の特徴を活かした深みのある音色を奏でる打楽器として、多くのファンを魅了しています。
 加藤氏はパーカッショニストとして桐朋学園大学研究科修了後渡欧し、ロッテルダム音楽院を首席で卒業、その後、数々の音楽活動で活躍され、国際的な音楽祭などで多くの受賞歴を持ち、更には、サントリー芸術財団より第12回佐治敬三賞を受賞するなど、日本を代表するパーカッショニストとして国内外から高い評価をうけている方です。
 本コンサート開演前に、加藤氏の特別な計らいで、児童生徒を対象にした「マリンバ教室」が行われました。参加したのは弟子屈小学校吹奏楽少年団員や弟子屈中学校吹奏楽部員の皆さんです。リハーサル風景を見学した後、質問コーナーでは子ども達から「マレット(ばち)の持ち方は?」や「トレモロのテクニックは?」等質問攻めにあっていました。
 コンサート本番では、川湯小学校の児童の皆さんをはじめ多くの町民の皆さん、更には他管内からも駆け付け、総勢170名程が美しい音色を堪能しました。
 演奏は全部で10曲程披露され、途中で実行委員長の佐藤仁先生と加藤氏のトークもあり、素敵なコンサートとなりました。
 この北海道コンサートツアーは9年ぶりで、今回、札幌公演・釧路公演・美唄公演・弟子屈公演の4ヶ所で開催されました。機会があればまた来町してほしいものです。
 このコンサートを支えて頂いた方々に深く感謝申し上げますとともに、加藤訓子氏が今後益々ご活躍されますことを心からお祈り申し上げたいと思います。

教育長日記

▲このページの先頭へ