MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > レベルの高い「タヒチアンダンス」披露!

レベルの高い「タヒチアンダンス」披露!

平成25年12月13日

 もう一ヶ月以上前のことになりますが、11月10日弟子屈町社会老人福祉センターで「第8回チャリティー職域かくし芸」が開催されました。
 この日は、和琴小学校と弟子屈小学校の学芸会があり、各児童の素晴らしい発表に感激しながら、昼過ぎに「職域かくし芸」会場に行きました。会場は満席状態で大いに賑わっていました。この日は、弟子屈中学校教職員の皆さんと我教育委員会の職員が出演するということで教育委員全員で応援に駆け付けました。
 弟子屈中学校の皆さんは坂東校長や佐藤教頭等の見事なバンド演奏と歌を披露してくれました。一方、教育委員会職員はグループで出演するのはこれが初めてのことで、演目は「きびちゃんとゆかいな仲間達」と題して、色とりどりのスカートと葉っぱの冠を頭に乗せ、手には真っ赤なぼんぼんポンポンを持ち、腰を振りながら、8名が息のぴったり合った見事な「タヒチアンダンス」を披露してくれました。この本格的で見事なダンスに会場から大きな拍手が巻き起こり、踊っている本人達もびっくりするほど盛り上がりました。
 出場のきっかけを作った杉崎社会教育主事の話によると「実は、約1か月前から仕事が終わった後の僅かな時間を利用し、全員で数十回の練習を積み重ね、難しいダンスをものにしてきました。」とのこと。それにしても、難しいダンスを8名全員が踊りきったのには驚きました。この完成度の高い本格的な「タヒチアンダンス」は、「かくし芸」出演のために結成した即席チームですが、あまりにももったいないことだと思っています。「機会があれば是非多くの町民の皆さんにも見てもらっては!」と期待している一人です。
 出演者を紹介しますと、吉備津社会教育課長・水上指導室長・渡辺社会教育課長補佐・藤森管理課長補佐・沼田公民館管理係長・杉崎社会教育主事・片岡学芸員・下山体育振興係主事補の以上8名です。ご苦労様でした。

弟子屈中学校教員チーム

教育委員会職員チーム

教育長日記

▲このページの先頭へ