MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 大鵬さんの冊子と切手

大鵬さんの冊子と切手

平成26年 1月24日

 昨年11月末、教育委員会では、同年1月にご逝去された第48代横綱大鵬納谷幸喜さんの偉業を地元の子ども達にしっかりと伝えるため「郷土学習副読本 第48代横綱大鵬物語」を作成し、これを町内小中学校8校と弟子屈高等学校の児童生徒等に配布しました。 この副読本作成に当たっては、(有)大鵬企画代表取締役の納谷芳子さまをはじめ、ベースボール・マガジン社等多くの関係者のご理解とご協力を頂戴し完成させることが出来ました。心から感謝申し上げたいと思います。
 この冊子は大変読みやすく仕上げています。読まれる方はご面倒でも町図書館・町公民館・川湯大鵬記念館・道の駅「摩周温泉」に備えてありますのでご利用下さい。尚、版型はB5版全16ページとなっています。
 時期を同じくして、12月18日に日本郵政から「国民栄誉賞受賞 昭和の大横綱大鵬」フレーム切手(50円切手×10枚)が発売されました。また、1月23日にはその第二弾として「第四十八代横綱大鵬」フレーム切手(80円切手×10枚+手ぬぐい)が発売されました。何れにも弟子屈町出身の木下大門さんの見事な「錦絵」が描かれています。同じ弟子屈町出身者が切手に登場していることに感動を覚えます。

郷土学習副読本

発売された切手2種類

教育長日記

▲このページの先頭へ