MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 読書感想文コンクール

読書感想文コンクール

平成26年 2月 7日

 昭和50年度から始まった「弟子屈町児童生徒読書感想文コンクール」は、今年で第39回目を迎え、歴史ある社会教育事業の一つとなっています。
 今回も多くの感想文等が寄せられ、小学生83点、中学生20点、高校生10点、総応募数113点となりました。中でも小学校1年と2年は読んだ本の印象や感動したことなどを絵や文でコンクールに参加して頂きました。
 児童生徒の活字離れが叫ばれる中、本事業は教職員や保護者の皆さんに支えられながら開催し、「読書」の普及に努めてきています。今回、審査して頂いた皆さんに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。 
 「読書」することもそうですが、「感想文」を書くには更にエネルギーが必要となります。そのことに果敢に挑戦し、感想文を寄せて頂いた児童生徒の努力に心から拍手を送りたいと思います。本当に頑張ったと思います。これからも「読書」に励んでもらいたいものです。
 表彰については、小学1年生、2年生全員に参加賞が与えられ、また小学3年生から高校2年生には最優秀賞・優秀賞・佳作の各賞が授与されます。
 紙面の関係上、最優秀賞受賞者と「読んだ本」及びその本の作者のみを紹介します。
 小学生の部3年~沢原美義「左手がなくてもぼくは負けない」高橋うらら・4年~石川なでし子「ペカンペと森のカムイたち」はたさみつる・5年~芝田洸太郎「トム=ソーヤの冒険」マーク トウェイン・6年~西端愛香「獣の奏者」上橋菜穂子。中学生の部1年~芝田遥夏「シートン動物記」アーネスト=トムソン=シートン・中学2年~山崎美玖「ひめゆりの沖縄戦ー少女は嵐のなかを生きた」伊波 園・中学3年~上野絵里奈「宇宙のみなしご」森 絵都・高校生の部1年~藤江弥生「図書館戦争①」有川 浩・2年~若月恵理「箱庭図書館」乙 一。

教育長日記

▲このページの先頭へ