MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 「てしかが女性の集い」大賑わい!

「てしかが女性の集い」大賑わい!

平成26年 3月 7日

 3月2日、年に1回行われる弟子屈町女性団体協議会主催の「てしかが町女性のつどい」が、町内の各自治会女性部や各女性団体等約200名が集まり盛大に行われました。
 最初に主催者を代表して舘昭子女性団体協議会会長の挨拶と来賓としてお招きを頂いた私からも挨拶をさせて頂きました。
 早速、坪井さんの軽快な司会のもとプログラムが進められました。最初は「ばぁば加工センター」代表食品衛生責任者の水本和子さんがジョークを交えながら漬けも作りの苦労話しをしてくれました。次に弟子屈町役場健康推進課の保健師山口洋子さんから「健康診断」の大切さについて説明があり、その後弟子屈町名木ツアー解説員の須田文男さんから「弟子屈町の名木について」詳しい説明がありました。これで第一部が終了。
 昼食時にはアトラクションとして、綜合舞踊ゆかり会の皆さんによる艶やかな舞踊、I&Mバトンスタジオのかわいい子ども達等のバトン演技、そして弟子屈町文化協会弟子屈音頭月の摩周保存部の皆さんによる「月の摩周」が披露されるなど、盛り沢山のアトラクションに大きな拍手が送られていました。
 午後1時からは第2部として弟子屈町教育委員会主催による「生涯学習講演会」が開催され、「いざという時、役に立つ応急手当の仕方」と題して、弟子屈消防署救急救命士の村岡弘康さんに講師を務めて頂きました。大変分かりやすくとても役立つ講演でした。最後に弟子屈町女性団体協議会副会長の貝塚美雪さんの挨拶で集いの幕を閉じました。
 今回のテーマは「未来を築くのは女性の元気」となっています。「女性が輝き元気なまち」は更に発展すると言われております。これからも是非まちの発展に寄与されますよう期待しております。

教育長日記

▲このページの先頭へ