MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 授業参観に多くの方々が!

授業参観に多くの方々が!

平成26年 4月25日

 4月12日弟子屈小学校、4月20日には弟子屈中学校で本年度初めての参観日が行われました。他の小中学校も同時期に参観日が行われ、特に新1年生の保護者の皆さんにとっては気になるわが子の授業中の様子を見る絶好のチャンスとなっています。また、各学校では、この本年度第1回目の参観日に合わせて、PTAの定期総会が行われることになっており、PTA役員の皆さんにとっても、多くの保護者の参加が期待できる絶好の機会となっています。
 弟子屈小学校では毎年のように、大勢の子どもずれの保護者や祖父母等が詰め掛け、各教室とも満杯状態となっています。1年生は音楽、2年生は国語、3年生・4年生・5年生は国語、6年生は社会の授業が行われ、特に1年生の2つのクラスは詰め掛けた保護者等で大賑わいとなり、児童等は、後ろに列を成して参観しているお父さんお母さんの姿を気にしながらも真剣な面持ちで先生の話を聞いていました。林教頭は「昨年より多く、250人以上の保護者等がいらっしゃってくれているようです」と言っていました。
 一方、弟子屈中学校でも多くの保護者等が駆け付け、落ち着いた雰囲気の中で授業が行われていることに安心した様子で、わが子の授業に見入っていました。
 今後も授業参観する機会があると思いますが、是非とも多くの保護者の皆さん方が来校して頂きますよう願っています。そのことがきっと児童生徒にとっても先生方にとっても励みになるものと思っています。

弟子屈小学校

弟子屈中学校

教育長日記

▲このページの先頭へ