MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 先生方も頑張っています!

先生方も頑張っています!

平成26年 6月27日

 5月中旬、平成26年度釧路郡部ブロック教職員体育大会が鶴居村を会場に行われ、弟子屈町からはバレーボール女子と野球の2種目に出場しました。その結果、バレーボール女子は本町のチームが白糠代表チームに2セット連取し優勝しました。一方、野球は出場チームが弟子屈町のチームだけということで不戦勝となりました。しかし、釧路管内市町村代表として北海道大会出場を果たすためには、各種目とも釧路市代表チームと対戦し、優勝しなければなりません。そこで本町バレーボール女子チームは23日勤務終了後、釧路市立愛国小学校に出向き、釧路市代表の同校女子チームと対戦し、接戦の末見事勝利を収めることが出来ました。また、本町野球チームは釧路市代表の青陵中学校チームと対戦することになっていましたが、対戦チームから諸事情により辞退するとの申し出があったことから、弟子屈の野球チームが北海道大会出場決定となりました。結果的に野球は一度も戦わずして北海道大会の出場権を獲得したことになります。不戦勝も実力のうちかもしれません。
 郡部大会に出場した選手を紹介します。バレーボール女子チームの監督には阿部弟子屈小学校校長、
選手は弟子屈小学校の遠藤教諭・齊藤教諭・有賀教諭・松井教諭・川湯小学校の川堰教諭・山崎教諭
・兒玉教諭・美留和小学校の木村教諭。不戦勝となった野球チームの監督には弟子屈中学校の佐藤教頭、選手は弟子屈小学校の林教頭・蔵光教諭・中村教諭・平松教諭・西田教諭・和合教諭・佐々木教諭・宮西教諭・川湯小学校の三上教頭・柴田支援員・美留和小学校の森川教諭・弟子屈中学校の網谷教諭・弟子屈高等学校の阿波教諭です。
 北海道大会は7月下旬に札幌市内で開催されることになっていますが、本町の児童生徒も文化・スポーツで大活躍していますので、是非、教職員の皆さんも釧路管内市町村の代表として頑張ってほしいと思います。北海道大会出場おめでとうございます。

釧路郡部大会優勝

北海道大会出場決定戦

教育長日記

▲このページの先頭へ