MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 初めての「弟子屈学知賞授与式」開催!

初めての「弟子屈学知賞授与式」開催!

(平成27年3月20日)

 3月18日午後14:00から弟子屈町民大学校の平成26年度卒業式にあたる「弟子屈学知賞授与式」を行いました。この弟子屈町民大学校は公民館事業の一環として平成24年度に開設していますが、本年度から新たに全講座の6割り以上出席した受講生に「学知賞」を授与する制度を設けたことから、今回が初めての授与式となりました。
 受賞された方は、種田マサ子さんと高田裕子さんのお二人です。受賞第1号の種田マサ子さんは今年度開催された全16講座の内11講座に参加され、どの講座にも熱心に取り組まれ、いつも前向きに楽しんで参加して頂きました。特に藻琴山登山では、ご高齢の方から子ども達まで幅広く関わりを持って、気配りをして頂きながら皆が楽しくなれるような雰囲気づくりを何時も心がけして下さいました。また、どの講座の時にも、人と人とが繋がりを持ち、皆が仲良くなれるように、配慮して頂いた姿がとても印象的でした。
 受賞第2号の高田さんは10講座に参加し、いつも笑顔を絶やさず優しい雰囲気で、どの講座も意欲的に参加してくれました。料理講座では手際の良さと周囲への気配りをしながら助け合う姿が印象的でした。特に洋裁講座で作った素敵なチュニックを着て公民館まで見せに来て下さいました。
 公民館では今後ともより良い講座づくりに励み、町民の皆さんに親しまれる大学校を目指して努力して行きたいと考えております。是非、ご期待して頂ければと思います。
 次会の授与式は、出来れば是非、受講して頂いた方々や当大学校教授陣(講師陣)の皆さんなど関係者のご出席を頂きながら、厳粛かつ賑やかな「授与式」にしてはどうかと思っています。あらためてお二人の受賞を心からお祝い申し上げます。

教育長日記

▲このページの先頭へ