MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 札幌交響楽団コンサート開催!

札幌交響楽団コンサート開催!

(平成27年7月10日)

 釧路圏摩周観光文化センターが今年で開館30周年を向かえるのを記念して、北海道新聞社・日本芸術文化振興会・弟子屈町、更には町内関係機関団体等の支援を頂き、9月11日札幌交響楽団を招聘して「摩周湖ブルーコンサート」を開催することとなりました。
 6月17日に弟子屈町文化協会をはじめ町内各種関係機関団体や小中高学校等で構成する実行委員会が開催され、5年振りのコンサートの成功に向け取り組むこととなりました。7月13日に開催された実行委員会役員会を経て、早速出来上がったポスターやパンフレットを近隣市町村や町内各所に配布したり、チケットの販売活動を行なったりするなどコンサート開催に向けて取り組んでおります。
 今回のコンサートの演奏曲目を紹介しますと、第1部では、チャイコフスキーの歌劇「エフゲニー・オネーギン」より“ポロネーズ”、レスピーギの「リユートのための古風な舞曲とアリア」第3組曲より“シチリアーナ”、ブラームスの「ハンガリー舞曲」第4番、ドヴォルザークの「スラブ舞曲」op.72-2、オッフェンバックの喜歌劇「天国と地獄」序曲、第2部はベートーヴェンの交響曲第6番へ長調op.68「田園」となっております。指揮者は藤岡幸夫氏で初めての来町となります。
 チケットは大人2,500円(当日3,000円)、高校生1,000円(当日1,200円)で、小中学生(父兄等同伴)は無料となっておりますが、入場の際には入場整理券が必要となっております。従いまして、チケットについては弟子屈町公民館・釧路圏摩周観光文化センター・川湯室内温水プールの各所や実行委員の皆さんが取り扱っており、小中学生の無料入場整理券は各小中学校等でも手に入れることが出来るようになっております。
 会場となる釧路圏摩周観光文化センターはフルコンサート用のステージを備えており、今回も素敵なコンサートになるものと期待が寄せられております。
 実行委員長の鈴木幸栄弟子屈町文化協会会長は「一流の芸術鑑賞を通して本町の文化振興と子どもたちの豊かな感性を育てる機会にしたいと思っていますので、是非、チケットをお求め頂き、多くの皆様のご来場を心からお待ちしております。」と語ってくれました。
 当日は17:30開場、18:30開演、終了予定時間は20:30頃のとなっております。本町では鑑賞する機会の少ないコンサートですので、これを機会に多くの皆さんにご鑑賞頂きますよう、よろしくお願い致します。
 尚、お問合わせ先は弟子屈町公民館内 摩周湖ブルーコンサート実行委員会 015-482-2343となっております。

教育長日記

▲このページの先頭へ