MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 弟子屈高校生や大学生が小学生の学習サポート!

弟子屈高校生や大学生が小学生の学習サポート!

平成27年 8月 7日

 この度、町内小学校の要請に応える形で、弟子屈高等学校の全面的な協力のもと、高校生による「小学生学習サポート」が、本町で初めて実現しました。
 これは、7月28日と29日の両日、弟子屈小学校と奥春別小学校で行われた「夏休み学習会」に、弟子屈高等学校から2年生7名と3年生1名が派遣され、学習サポートが行われたものであります。
 その内、弟子屈小学校には6名が派遣され、午前中の前半が高学年、後半は低学年とに分け、主に国語・算数を中心に学習サポートが行われました。
一方、奥春別小学校には2名が派遣され、算数を中心に個別指導が行われるとともに、問題の丸付けなども行われ、さらには休憩時間、児童と一緒に遊んで頂きました。
 来て頂いた高校生には、懇切丁寧且つ積極的に一生懸命学習サポートに取り組んで頂きました。
 2日間の日程終了後、佐野弟子屈小学校校長と中村奥春別小学校校長からは「とても助かりました。高校生が親身になって指導してくれている姿がとても良かった思います。また、児童も日常と違う緊張感を持ちながら学習に取り組めたと思います。今後も是非協力して欲しいと思っています。高校生と引率してくれた先生をはじめ、全面的に協力頂いた弟子屈高等学校に心から感謝しています。」という言葉が述べられました。
 この後、8月20日と21日の2日間にわたって、今度は大学生による小学生の学習サポートが行われことになっています。この事業は、北海道教育委員会主催の「学校サポート派遣事業」として行われるもので、北海道教育大学釧路校学生1名・北翔大学学生2名、北海学園大学学生3名、藤女子大学学生1名の計7名が来町し、弟子屈小学校の児童の学習サポートを行うことになっています。
 今後とも、高校生や大学生の協力を受けながら、更なる小学生の学習サポート体制の充実を図っていきたいと考えております。
 今回、ご協力頂いた弟子屈高等学校や今後ご協力頂くことになっている各大学関係者の皆さんに深く感謝申し上げたいと思います。

奥春別小学校提供写真

教育長日記

▲このページの先頭へ