MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 楽しいリコーダー演奏!10年の節目!

楽しいリコーダー演奏!10年の節目!

平成27年9月25日

 そもそも私がリコーダーを始めたきっかけとなったのは、定例教育委員会の意見交換の場で「各学校の学芸会や文化祭を見るだけでなく、私たち教育委員5名で何か文化的な活動が出来ないか」との意見が出されたことにはじまります。皆で何が出来るか思案し、当時、小学校教頭を務めていた佐藤仁先生に相談したところ、「リコーダーであれば誰もが小さい頃扱った経験があり、とても手ごろな楽器なので、すぐにでも合奏を楽しめことが出来ますよ」との助言を頂きました。実は、佐藤先生はリコーダー演奏指導の第一人者で、後に私たちのリコーダー指導を引き受けて頂いた方でもあります。教育委員5名に町内有志の皆さんが加わり、ついに「てしかがリコーダーを楽しむ会」が結成され、10名程度のメンバーで活動がスタートしました。気が付けば今年で10年目を迎え、私の腕前はそこそこと言いたいところですが、未だに上達出来ず、メンバーの足を引っ張っている状態です。リコーダーは簡単なようで、とても奥の深い楽器であることを思い知らされているところです。
 この間、猛練習を積み重ね釧路地区コンテストで金賞を獲得し、全道コンテストに出場したことが4回程ありました。何と言っても、メンバー皆で力を合わせて演奏する楽しさはとても心地よいものです。
 9月12日、福祉センターでリコーダーリストの金子賢治さんと安井敬さんを東京からお招きし、更には釧路で活動している「釧路リコーダー・シンシイア・バンド」の皆さんの協力を得て小さな10周年記念コンサートを開きました。約100名程の町民の皆さんや知友人等に駆け付けて頂きました。メンバーの皆さんは日頃とても忙しい仕事に就いているので、今後も無理のない活動を続けながら、出来れば再度全道大会出場を目指したいものです。この間、当会を支えて頂いた方々をはじめ、佐藤仁先生に心から感謝申し上げたいと思います。これからもよろしくお願い致します。

教育長日記

▲このページの先頭へ