MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 「北海道小学校バンドフェステバル」出場おめでとう!

「北海道小学校バンドフェステバル」出場おめでとう!

平成27年10月 2日

 9月13日湿原の風アリーナ釧路において「小学校バンドフェスティバル」が開催され、初めて参加した弟子屈小学校吹奏楽少年団が見事金賞を受賞し、「第34回北海道小学校バンドフェステバル」への出場権を獲得しました。弟子屈小学校の吹奏楽が北海道レベルの大会に出場するのは二十数年振りと聞きました。9月26日大会当日会場となった苫小牧市総合体育館には、道内各地区の大会を勝ち抜いてきた小学校の吹奏楽団28団体総勢759名が集まり、素晴らしい演奏が会場いっぱいに響きわたっていました。客席には大勢の方々が詰めかけ、本町からも弟子屈小学校の佐野校長をはじめ大勢の保護者の皆さんが遠い苫小牧市まで応援のために駆け付けていました。
 弟子屈小学校吹奏楽少年団の出番は昼食休憩時間を挟んで、午後からの出場の一番目でした。既に演奏するための椅子が楕円形に並べられ、保護者の皆さんたちがティンパニー・大太鼓・木琴など大きな楽器を定位置に運び出すなど準備に協力していました。いよいよアナウンスの案内とともに児童達が入場した後、加賀谷先生の指揮に集中しながら演奏が始まりました。演奏した曲は釧路地区大会で演奏した曲と同じ「ピレネーを超えて」という曲でしたが、釧路地区大会の時より数十倍も腕を上げた素晴らしい演奏でした。本大会出場までにはほとんど練習日数が無い中でも一生懸命練習に励んだ成果が表れた演奏だったと思います。
 演奏終了後、緊張感から解放された気持ちと達成感に満ちた様子が伺われ、メンバー全員笑顔でVサインを掲げながら記念写真を撮っていました。
 出場メンバーは、3年生 石川留衣・小笠原苺香・小野心桜・工藤真洋・有馬 葵・水本佐知子、4年生 佐藤 花・田中佳恋・宮下知也・渋谷優音・高橋栞奈、5年生 工藤芽衣・齋藤柚葉・沢原美義・吉田千和・磯里萌衣・加納青空・西山莉久・松田亜美・小笠原柚祈・猿谷優衣・渋田小晴・行木咲良の以上23名の皆さん。
 結果は銅賞でしたが、児童たちにとってはきっと一生忘れることの出来ない出来事になったと思います。この貴重な経験は今後の活動に生かされるよう期待しています。是非、来年度も挑戦してほしいと思います。
 この間、指導にあたられた加賀谷先生、佐野校長をはじめ小学校の教職員の皆さんや保護者の皆さん、そして大会運営を担当された武山川湯中学校校長に対しまして心から感謝申し上げたいと思います。

教育長日記

▲このページの先頭へ