MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 今年も本町で釧路校長会研究協議会開催される!

今年も本町で釧路校長会研究協議会開催される!

平成27年11月 6日

 弟子屈町で開催するのは今回で何回目になるのでしょうか。今年も本町の川湯温泉のホテルを会場に釧路管内町村公立小中学校の校長46名が出席して、釧路校長会主催による第56回目の研究協議会が10月30日と31日の2日日にわたって開催されました。
 特に最近になって少子化が加速する中、学校数が激減し、釧路管内ではかつて、46校程の小中学校があった町もあったそうです。我が町も12校もの小中学校があった時代もありましたが、現在は7校にまで減少してしまいました。
 開会式の風景を見ても、以前は会場を埋め尽くすほど校長方がいらっしゃいましたが、今や会場に充分余裕ができ、一目で校長数が激減していることを実感できるほどとなっています。
 しかし、そんなことにもめげず、学校経営責任者である校長が一堂に会し、真剣になって今日的な学校課題の解決に向けて取り組む姿勢を拝見し、熱いエールを送りたい気持ちになりました。
 是非とも実りある研修を積み重ねて頂き、その成果を学校現場で活かす効果的な学校経営に務めて頂きたいと期待しているところです。
 主な研究協議会内容は、まず研究主題を「釧路の風土で豊かに学び、生きる力の育成を目指す学校教育」と掲げ、まず北海道校長会研究大会と全国小学校校長研究大会で発表された校長からの報告がありました。次に「学校運営の改善」と「教職員の育成」をテーマにし、2つの分科会にそれぞれ分かれ、各テーマに沿って提言者の発表がなされ、その発表内容を中心に協議が進められました。また、翌日は2つの分科会毎に5つのグループに分かれ各校長一人ひとりがテーマを基調に自校の取組等について発表しあっていました。
 一日目の夜は、釧路管内町村の全教育長も加わり交流会が行われました。二次会は、各町村毎川湯温泉街に出かけ、更に「学校教育」等について熱く語り合う姿も見受けられました。
 各校長と各教育長等関係者が宿泊して頂いたことにより、本町の観光振興にも一役かって頂いたものと思っております。釧路校長会の皆さんに心から感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。今後益々活躍されることを祈念しております。大変ご苦労さまでした。

教育長日記

▲このページの先頭へ