MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 朗報!満載!!おめでとうございます!

朗報!満載!!おめでとうございます!

平成27年11月20日

 とても嬉しいニュースがたくさん飛び込んできました。時系列で紹介したいと思います。
 まず、11月11日、北海道新聞社主催の「第29回中学校かべ新聞コンクール道東大会」において、1年生の部で弟子屈中学校1年B組が最優秀賞を獲得し、2年生の部では同校の2年A組が優秀賞を獲得、3年生の部でも同校の3年A組が優秀賞を獲得したというニュースでした。
 同日、同じく北海道新聞社主催の「第49回北海道新聞文学賞[詩部門]」において、原子修さんが受賞されというニュースです。このことは北海道新聞朝刊の文芸特集欄に掲載されていたことから知りました。ご承知のとおり原子さんは本町で行われている更科源蔵文学賞の選考委員長を当初から務められている方で、今年は詩集「叙事詩 原郷創造」を発表しております。
 また、翌日の12日、藤原弟子屈郵便局長から『株式会社かんぽ生命保険主催の「第2回全国小学校ラジオ体操コンクール」に参加した奥春小学校が奨励賞を獲得した』という知らせがあったことです。この事業には全国で450校もの小学校が参加し、北海道内では、2校が奨励賞を受賞しておりますが、そのうちの1校に奥春別小学校が選ばれたものであります。
 さらに同日、町内在住の写真家 水越 武さんが「永年にわたり、写真家として優れた活動を行い、地域文化の振興に貢献された」として「文部科学大臣表彰・平成27年度地域文化功労者表彰」を受賞したという通知文書が届けられたことです。この表彰は全国各地において、芸術の振興、文化財の保護等、地域文化の振興に功績があった個人及び団体に対し、その功績をたたえ文部科学大臣が表彰するもので、本町では初めての受賞となります。
 続いて16日、弟子屈町文化協会の鈴木幸栄会長が見えられ『昨日釧路市で開催された第57回北海道文化集会で鈴木会長が代表を務める「聖月流日本吟剣詩舞道会川湯支部」(昭和61年設立)が「第10回北海道文化団体協議会奨励賞」を受賞した』との報告があったことです。
 兎に角、数日の内に、五つもの嬉しい受賞決定の知らせがありとても驚きました。
 受賞された皆さんに心からお祝い申し上げます。おめでとうございました。今後においても益々ご活躍されますよう祈念申し上げます。

写真コンテスト審査会時の水越さん

中学校の壁新聞

教育長日記

▲このページの先頭へ