MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 町民大学「弟子屈高等学校・弟子屈町公民館連携講座」7講座開講!

町民大学「弟子屈高等学校・弟子屈町公民館連携講座」7講座開講!

平成27年12月 4日

 今年度で14年目になる「弟子屈町公民館・弟子屈高等学校連携講座」は、既に公民館の定番メニューとなっており、多くの町民の皆さんに参加を頂いております。今年度は全7講座を開講し、従前同様、講座の会場や講師については弟子屈高等学校の全面的なご理解とご協力を頂き進めることが出来ました。
 開催した全講座を紹介しますと、第1回目は10月28日 家庭科講座「皮から手作り餃子[家庭でも簡単に出来る具餃子づくり]」・講師は新井みちる教諭。第2回目は11月10日理科講座1「親子わくわく実験教室~化学編[身近な物質や現象に関する化学の実験]」・講師は堀口人士教諭と池浦真奈美教諭、第3回目は11月17日理科講座2「親子わくわく実験教室~発酵編[発酵と食品の関係をピザ作りを通して学ぶ] 」・講師は堀口人士教諭と池浦真奈美教諭、第4回目11月24日保健体育科講座1「生涯スポーツを楽しもう[ソフトバレーボール]」・講師は林哲平教諭と阿波克典教諭と石田勝教諭、第5回目は11月25日保健体育科講座2「生涯スポーツを楽しもう[テニポン]」・同3名の教諭。第6回目は11月26日地歴公民科講座「戦時中レシピ再現[戦後70年によせて]」・講師は町田哲教諭と小岩尚文教諭、第7回目は12月1日理科講座3「親子わくわく実験教室~生物編」・講師は堀口人士教諭と池浦真奈美教諭で、合わせて7講座となります。この間、弟子屈高等学校教職員の皆さんには大変お世話になり心から感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。
 この連携講座は全道でも稀な取組となっており、その開講の「ねらい」の中には、公民館講座メニューの充実を図ること、弟子屈高等学校の教師の皆さんのノウハウを地域教育力等の向上に役立てること、弟子屈高等学校の施設や様子を見学出来る機会にすること、弟子屈高校の魅力を肌で感じてもらいたいことなど、町内唯一の大切な高等学校の存在を知ってもらうことも含まれております。
 広報てしかが11月号で弟子屈高等学校について特集が組まれ紹介されております、特に木村校長先生からは、『町民をはじめ各関係機関・団体の皆さんの支援により、昨年度は4年制の国公立大学に6人が合格し、1学年2クラスという規模の高校100校程度ある内、道内トップの人数となり、また、就職内定率は、ここ5年連続100%になっています。今年度の進路も現時点で既に60%から70%が内定しています。』とおっしゃっておりました。
 今後とも弟子屈高等学校の魅力づくりの一環として「連携講座」の継続を図り、町民の皆さんと共に弟子屈高等学校を支え続けていきたいと考えております。

教育長日記

▲このページの先頭へ