MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 児童生徒の頑張りにエールを!!

児童生徒の頑張りにエールを!!

平成28年2月1日

 1月16日と17日の2日間にわたって、釧路市民文化会館において「第42回釧路地区管楽器個人・アンサンブルコンクール」が開催され応援に行ってきました。本町からは、管楽器中学生個人の部で弟子屈中学校吹奏楽部の吉田花月さん[テナーサックス演奏]、管楽器高校生個人の部では弟子屈高等学校吹奏楽部の田口美音さん[フルート演奏]と藤田一輝君 [アルトサックス演奏]が出場、また、管楽器中学生アンサンブルの部では弟子屈町中学校吹奏楽部の木管七重奏と金管七重奏の2グループが出場しました。審査の結果、出場した皆さんはそれぞれ「銀賞」を獲得し健闘されましたが、唯一田口美音さんが見事「金賞」を獲得しました。残念ながら全道大会出場は叶いませんでしたが、素晴らしい演奏だったと思います。聞くところよると、個人演奏コンクールで金賞を獲得したのは弟子屈高校史上初めての出来事だったようです。
 また、1月9日と10日の2日間にわたって苫小牧市で行われた「平成27年度北海道中学校体育大会第46回北海道中学校スピードスケート競技大会」で弟子屈中学校1年の野上彩さんが1000m競技決勝で第16位の成績を収め、長野市で行われた「平成27年度全国中学校体育大会第36回全国中学校スケート大会」に出場しました。本町では平成12年に当時弟子屈中学校3年生の和田禎嗣君が1000m競技で全国優勝して以来、16年振りの全国大会出場を果しました。
 更には、1月6日札幌市で開催された「第41回全日本バトントワリング選手権北海道支部大会」で、バトントワラー弟子屈教室所属の宮下優心さん[小学6年]がソロトワールで第1位、森田由菜さん[小学6年]と藤原湖遥さん[小学5年]がペアで第3位を獲得、また、I&Mバトンスタジオ所属の磯里美空さん[小学2年]がソロトワールで第1位を獲得し、それぞれ3月下旬大阪市で開催される「第41回全日本バトントワリング選手権大会」に出場することが決定しました。
 皆さんの頑張りに心からお祝い申し上げたいと思います。おめでとうございます。
 このように児童生徒の頑張りは、日頃の練習の成果の賜物であることは勿論のこと、指導に当たられている皆さんの情熱にほかなりません。今後においても子どもたちの夢と希望がいろんな場面で叶えられるよう願っているところです。
是非、町民の皆さんとともにエールを送りたいものです。

「第42回釧路地区管楽器個人・
アンサンブルコンクール」パンフレット

「平成27年度全国中学校体育大会第36回
全国中学校スケート大会」
出場の野上彩さん

教育長日記

▲このページの先頭へ