MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 素晴らしい演奏!ありがとう!

素晴らしい演奏!ありがとう!

平成28年3月18日

 3月13日午後1時から弟子屈小学校屋内体育館において「弟子屈小学校吹奏楽少年団定期演奏会2016」が開催されました。会場には、吹奏楽少年団の保護者の皆さんをはじめ、児童生徒の皆さんや教職員の皆さん、そして弟子屈中学校吹奏楽部の皆さんも応援に駆け付けていました。
 第1部は「1年間の活動を振り返る」と題して、団員全員で「ひまわりの約束」・「RPG」・「負けないで」の3曲を披露しました。第2部では「次年度に向けて~後輩たちのために~」と題して、「シエイクイットオフ」を演奏しながら団員によるダンスを披露、二曲目「翼をください」の曲に乗せて来場者全員で合唱、三曲目は「小さな世界」を披露しました。その後、指揮指導に当たられている加賀谷先生から楽器の紹介や団員一人づつを紹介して頂きました。休憩を挟んで、第3部は「6年生に感謝し卒団を祝う会」と題して、最初に卒団する6年生だけで「ドレミファロンド」を演奏する中で、6年生への感謝の言葉や渋田小晴部長の挨拶がありました。二曲目も6年生の演奏で「プライド革命」を披露、三曲目は3年生から5年生の団員で「小さな恋のうた」を演奏、四曲目は団員全員で「ジブリスタジオ名曲メドレー」を、引き続き五曲目は一番練習に打ち込み今年度の集大成とも言える曲「炎の森のカーニバル」を披露しました。そして最後に全道大会で発表した曲「ピレネーを越えて」を披露し、大きな拍手が送られていました。その後、会場からアンコールの声が多数出され、それに応えて、曲「花は咲く」を団員全員が演奏し、それに合わせて来場者全員が歌うなど一体感を感じながら定期演奏会が締めくくられました。演奏会の構成がとても素晴らしく、来場者に感動を与えたコンサートなったと思います。
 新年度は新しい団員でスタートすることになると思いますが、これからも町民の皆さんに「音楽」の素晴らしさを伝えて頂くよう、大いに期待しているところです。
 尚、3月20日開催予定の弟子屈中学校吹奏楽部「フェアウエルコンサート」は所用があって出席出来ないのが残念です。3年生の皆さんにとっては中学校生活最後のコンサートとなりますが、築き上げてきた伝統をしっかりと後輩に引き継いで頂きたいと思います。

教育長日記

▲このページの先頭へ